アンディ・ロディックANDY RODDICK

アンディ・ロディック

VS 錦織圭 対戦成績

試合数

1試合

勝敗

10

勝率

100.00%

win

※グランドスラム、ATPツアー1000、ATPツアー500、ATPツアー250、Nitto ATPファイナルズ、オリンピック、デビスカップでの戦績を表示しています。
※棄権した試合も勝敗に含みます。

プロフィール

国籍
アメリカ
出身地
アメリカ・ネブラスカ・オマハ
居住地
アメリカ・テキサス・オースティン
生年月日
1982年8月30日
年齢
36歳
性別
身長 / 体重
188cm / 88kg
利き腕 / バックハンド
右 / 両手
プロ転向年
2000年
2012年全米を最後に引退した「アメリカ人男子最後のグランドスラム・チャンピオン」(2014年全米終了時)。ジュニア時代から「サンプラス・アガシの後継者」として期待され、2003年全米で優勝。ナンバーワンにもなるなどスター街道を歩んでいたが、同世代のフェデラーを始めとした「ニューボールズ世代」の台頭に飲み込まれ、グランドスラム優勝は最初の一度だけだった。しかし、デ杯代表では2007年のアメリカの優勝に貢献するなど、アメリカを代表する選手として長く活躍。晩年に背部を傷めるまでは常に安定した成績を残し続けた名選手でもあった。武器は当時世界最速の249キロを記録したサービスと、思い切りのいい強打のフォアで、主にハードコートや芝で活躍した。ツアー通算では32勝。2001年から引退した12年まで、毎年必ず1タイトル以上獲得していたのは特筆に値する戦績だろう。

2017.04.18 更新

  • アンディ・ロディックの成績

  • 2019シーズンの試合成績

シングルス ランキング推移

‘2019勝敗成績

00

‘2019タイトル数

0

ランキング(2018年8月~2019年8月)

シングルス グランドスラム成績

 
  • 2012
  • 2011
  • 2010
  • 2009
  • 2008
  • 2007
  • 2006
  • 2005
  • 2004
  • 2003
  • 2002
  • 2001
  • 2000
全豪オープン
  • 2R
  • 4R
  • QF
  • SF
  • 3R
  • SF
  • 4R
  • SF
  • QF
  • SF
  • 2R
  • --
  • --
全仏オープン
  • 1R
  • --
  • 3R
  • 4R
  • --
  • 1R
  • 1R
  • 2R
  • 2R
  • 1R
  • 1R
  • 3R
  • --
 
  • 2012
  • 2011
  • 2010
  • 2009
  • 2008
  • 2007
  • 2006
  • 2005
  • 2004
  • 2003
  • 2002
  • 2001
  • 2000
ウィンブルドン
  • 3R
  • 3R
  • 4R
  • F
  • 2R
  • QF
  • 3R
  • F
  • F
  • SF
  • 3R
  • 3R
  • --
全米オープン
  • 4R
  • QF
  • 2R
  • 3R
  • QF
  • QF
  • F
  • 1R
  • QF
  • W
  • QF
  • QF
  • 1R

アンディ・ロディックの関連ニュース

PAGE TOP
menu