鈴木貴男Takao Suzuki

鈴木貴男

ランキング情報

JTA男子シングルス
45位
JTA男子ダブルス
37位

プロフィール

国籍
日本/Team REC
出身地
北海道札幌市
出身校
手稲山口小 - 稲陵中 - 堀越高卒
所属
Team REC
生年月日
1976年9月20日
年齢
40歳
性別
身長 / 体重
174cm / 76kg
利き腕 / バックハンド
右 / 片手
プロ転向年
1995年
公式サイト
http://suzukitakao.jp
  • 選手紹介
  • 成績
松岡修造が引退した後、錦織圭が台頭するまでは、日本男子と言えば鈴木貴男が世界で最も知られた選手だった。現在のテニス界では絶滅寸前と言われる正統派のサーブ&ボレーヤーであり、その技術の高さは世界的にも有名で、チャレンジャー大会などでは観客よりも、選手やコーチなどがそのプレーを参考にしたいとという理由で、数多く彼の試合を見に来ることもあるのだとか。デ杯代表としても長く日本チームに貢献。デ杯での41勝は日本男子の歴代最多勝で、ダブルスでの14勝もまた最多。岩渕聡とのコンビでジャパン・オープンのダブルスで優勝した経験も持ち、また、有明コロシアムでの強さから、「ミスター有明」と呼ばれたこともある。近年は故障が多く、年間を通じてなかなか活躍できていないが、意欲は強く維持されており、まだまだ活躍を期待したい大ベテランだ。 主な国内タイトル(シングルス) 全国小学生(1988)、全日本ジュニア14歳以下(1990)、全日本ジュニア16歳以下(1991)、全国中学生(1991)、インターハイ(1992、1994)、全日本室内(1995、2002)、全日本選手権(1996、1997、2007)。

グランドスラム成績

 
  • 2008
  • 2007
  • 2006
  • 2005
  • 2004
  • 2003
  • 2002
  • 2001
  • 2000
  • 1999
  • 1998
  • 1997
  • 1996
全豪オープン
  • Q1
  • --
  • Q1
  • 2R
  • Q2
  • Q2
  • Q1
  • 1R
  • Q1
  • 1R
  • Q2
  • --
  • Q2
全仏オープン
  • --
  • --
  • --
  • Q1
  • Q1
  • Q2
  • Q3
  • --
  • --
  • Q2
  • Q3
  • --
  • --
 
  • 2008
  • 2007
  • 2006
  • 2005
  • 2004
  • 2003
  • 2002
  • 2001
  • 2000
  • 1999
  • 1998
  • 1997
  • 1996
ウィンブルドン
  • --
  • Q2
  • --
  • Q1
  • Q3
  • 2R
  • Q1
  • Q2
  • --
  • 1R
  • Q1
  • --
  • --
全米オープン
  • --
  • Q1
  • --
  • Q1
  • 1R
  • Q3
  • Q2
  • Q1
  • Q3
  • 1R
  • Q2
  • --
  • --

年末ランキング推移

 
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011
  • 2010
  • 2009
  • 2008
  • 2007
  • 2006
  • 2005
  • 2004
  • 2003
  • 2002
  • 2001
  • 2000
  • 1999
  • 1998
  • 1997
  • 1996
ランキング
  • 1492
  • 817
  • 1071
  • 938
  • 950
  • 590
  • 459
  • 282
  • 509
  • 241
  • 471
  • 272
  • 212
  • 205
  • 136
  • 225
  • 160
  • 262
  • 115
  • 272
  • 517

関連ニュース

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

※写真は「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン)でともに2度目のミックスダブルス優勝を果たしたジェイミー・マレー(左)とマルチナ・ヒンギス(右) Photo:LONDON, ENGLAND - JULY 16: Jamie Murray of Great Britain and partner Martina Hingis of Switzerland celebrate championship point and victory during the Mixed Doubles final match

2017.07.17

ジェイミー・マレーとヒンギスがともに2度目のミックスダブルス優勝 [ウィンブルドン]

「ウィンブルドン」決勝でマリン・チリッチ(クロアチア)を倒し、大会8度目の優勝を飾ったロジャー・フェデラー(スイス)

2017.07.17

ウィンブルドンV8達成、チリッチの悔し涙に同情しなかったフェデラーの品格

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン)の男子シングルス準決勝でトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)を破り、11度目の決勝進出を果たしたロジャー・フェデラー (スイス)

2017.07.15

フェデラーがベルディヒを下して11度目の決勝進出 [ウィンブルドン]

「ウィンブルドン」準々決勝で第11シードのトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)との試合を右肘の故障により途中棄権した第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)。記者会見で休養を示唆した。

2017.07.13

ジョコビッチが長期の休養を示唆 [ウィンブルドン]

ロジャー・フェデラー

2017.07.14

【速報】ウィンブルドン第11日