マイページ

レイトン・ヒューイットLLEYTON HEWITT

レイトン・ヒューイット

VS 錦織圭 対戦成績

試合数

2試合

勝敗

20

勝率

100.00%

win

※グランドスラム、ATPツアー1000、ATPツアー500、ATPツアー250、Nitto ATPファイナルズ、オリンピック、デビスカップでの戦績を表示しています。
※棄権した試合も勝敗に含みます。

プロフィール

国籍
オーストラリア
出身地
オーストラリア・アデレイド
居住地
バハマ・ナッソー
生年月日
1981年2月24日
年齢
38歳
性別
身長 / 体重
180cm / 77kg
利き腕 / バックハンド
右 / 両手
プロ転向年
1998年
01年と02年の年間チャンピオン。90年代のビッグサーバーの時代から、現在まで続くテニスのスピード化、アスリート化への変化の最前列にいたプレーヤーと言っていいだろう。06年頃からヒザや股関節に故障を抱えることが多くなり、複数回の手術の影響などでペースダウン。近年では毎年のように引退の噂が出るが、その闘志はまだ衰えていないようで、その都度復帰しては力強い姿を見せる不屈の人。彼の場合、テニス強国のオーストラリアの伝統を背負うという意識が人一倍強いようで、個人戦よりもデ杯で最高のパフォーマンスを見せるのは昔からの話。闘志を表に出しすぎて、一部のラテン系の選手とは不仲だったが、近年では彼の個性として認められ始めているようで、彼のコート上のパフォーマンスを肯定するコメントをする選手も増えている。オースラリア出身の選手らしく、ストローク以外のテクニックも巧みで、特にボレーのスタイルは、やや古風ながら、しっかりとした基本に忠実なスタイルで、ダブルスでも強さを発揮できる懐の深い技術の持ち主。14年にはツアー通算600勝を記録した。

2017.04.18 更新

  • レイトン・ヒューイットの成績

  • 2019シーズンの試合成績

シングルス ランキング推移

‘2019勝敗成績

00

‘2019タイトル数

0

ランキング(2018年11月~2019年11月)

シングルス グランドスラム成績

 
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011
全豪オープン
  • 1R
  • 2R
  • 1R
  • 1R
  • 4R
  • 1R
全仏オープン
  • --
  • --
  • 1R
  • 1R
  • 1R
  • --
ウィンブルドン
  • --
  • 1R
  • 2R
  • 2R
  • 1R
  • 2R
全米オープン
  • --
  • 2R
  • 1R
  • 4R
  • 3R
  • --
 
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011
  • 2010
  • 2009
  • 2008
  • 2007
  • 2006
  • 2005
  • 2004
  • 2003
  • 2002
  • 2001
  • 2000
  • 1999
  • 1998
  • 4R
  • 1R
  • 4R
  • 3R
  • 2R
  • F
  • 4R
  • 4R
  • 1R
  • 3R
  • 4R
  • 2R
  • 1R
  • 3R
  • 3R
  • 3R
  • 4R
  • 4R
  • --
  • QF
  • 3R
  • 4R
  • QF
  • 4R
  • 1R
  • --
  • 4R
  • QF
  • 4R
  • 4R
  • QF
  • SF
  • QF
  • 1R
  • W
  • 4R
  • 1R
  • 3R
  • --
  • 1R
  • 3R
  • --
  • 2R
  • QF
  • SF
  • F
  • QF
  • SF
  • W
  • SF
  • 3R
  • --
  • 2010
  • 2009
  • 2008
  • 2007
  • 2006
  • 2005
  • 2004
  • 2003
  • 2002
  • 2001
  • 2000
  • 1999
  • 1998

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu