マイページ

アレクサンドル・ドルゴポロフALEXANDR DOLGOPOLOV

アレクサンドル・ドルゴポロフ

ランキング情報

ATPシングルス
52位
ATP賞金
49位

プロフィール

国籍
ウクライナ
出身地
ウクライナ・キエフ
居住地
ウクライナ・キエフ
生年月日
1988年11月 7日
年齢
28歳
性別
身長 / 体重
180cm / 71kg
利き腕 / バックハンド
右 / 両手
プロ転向年
2006年
オフィシャルサイト
http://www.alexdolgopolov.com
  • 選手紹介
  • 成績

父親は元プロテニス選手、母親は体操のヨーロッパ・チャンピオンという家庭で生まれ、3歳からラケットを握り、幼い頃から父親といっしょにツアーを回った。2006年プロデビュー。2011年、初出場だった全豪でいきなりベスト8に進出して注目を浴びた。高い運動神経と多彩なテクニックを持ち、「コートの手品師」と呼ばれることも。ショットの選択に意外性があり、変則なスタイルの持ち主との印象もあるが、基本的にはクイックモーションのサービスとコースをつくフォアハンドを軸とし、そこにバックハンドのスライス系のボールを混ぜながらゲームを組み立てていく。錦織圭とジュニア時代から親交があり、ダブルスを組んだことも。2011年7月のウマグでツアー初優勝。2012年1月16日付で自己最高13位を記録し、8月のワシントンで2度目のツアー優勝を飾る。しかしその後はタイトルから遠ざかり、膝の故障にも悩まされる。2017年2月のブエノスアイレスで、過去5度敗れていた錦織を決勝で倒し、およそ5年ぶり3度目のタイトルを獲得した。

グランドスラム成績

 
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011
  • 2010
全豪オープン
  • 2R
  • 2R
  • 1R
  • 2R
  • 1R
  • 3R
  • QF
  • --
全仏オープン
  • 2R
  • --
  • 1R
  • 2R
  • 1R
  • 1R
  • 3R
  • 3R
 
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011
  • 2010
ウィンブルドン
  • 1R
  • 2R
  • 2R
  • 3R
  • 3R
  • 2R
  • 1R
  • 2R
全米オープン
  • 4R
  • 1R
  • 1R
  • --
  • 2R
  • 3R
  • 4R
  • 1R

年末ランキング推移

 
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011
  • 2010
  • 2009
  • 2008
  • 2007
  • 2006
  • 2005
ランキング
  • 62
  • 36
  • 23
  • 57
  • 18
  • 15
  • 48
  • 131
  • 309
  • 226
  • 269
  • 1523

関連ニュース

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

※写真はデビスカップ・ワールドグループ・プレーオフ「日本対ブラジル」(大阪・靭テニスセンター)の第1試合で杉田祐一と対戦したブラジルのギジェルメ・クレザ(左)とジョアン・スベスナ監督(右) Photo:OSAKA, JAPAN - SEPTEMBER 15: Team captain Joao Zwetsch (R) of Brazil talks to Guilherme Clezar of Brazil in his singles match against Yuichi Sugita of Jap

2017.09.17

スポーツマンらしくない行為としてクレザに罰金 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ブラジル]

新設のチーム戦「レーバー・カップ」に出場する(左から)ロジャー・フェデラー(スイス)とラファエル・ナダル(スペイン)、チーム・キャプテンのビヨン・ボルグ(スウェーデン)

2017.09.21

フェデラーとナダルはダブルスをプレーすることで合意、その決断はボルグ次第 [レーバー・カップ]

2017.09.16

ダブルスは雨で順延、17日に3試合を予定 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ブラジル]

※写真は「ジャパンウイメンズオープン」(東京・有明テニスの森)で予選から決勝進出を果たした加藤未唯

2017.09.16

「フィジカル・バトルなら負けない」加藤未唯が激戦制し、初のツアー決勝へ [JAPAN WOMEN'S OPEN]

2017.09.20

ラインジャッジは不必要か、ATPが完全自動ライン判定をテスト