マイページ

WTAニュース

世界ランキング、青柴ペアがキャリアハイ更新。インディアンウェルズ女王はトップ20入り

「WTA1000 マイアミ」での青山(左)と柴原(右)

WTA(女子テニス協会)は18日、最新の世界ランキングを発表。

先々週から2週にわたり、今シーズン最後のWTA1000大会である「WTA1000 インディアンウェルズ」(アメリカ・インディアンウェルズ/10月6日~10月17日/ハードコート)が開催された。


大会第2シードイガ・シフィオンテク(ポーランド)が4回戦敗退となり、2020年の「全仏オープン」優勝で得たポイントが消えたことから、7ダウンの11位でトップ10陥落。対して、準決勝進出を果たした第12シードのオンス・ジャバー(チュニジア)が6上げて8位とトップ10入りを果たした。これは自身初でもあり、アラブ人としても初の歴史的快挙となった。トップ10では、4回戦敗退だった第3シードのバーボラ・クレイチコバ(チェコ)が5位から4位にアップ、2回戦敗退だった第6シードのマリア・サカーリ(ギリシャ)が9位から7位にアップで、それぞれキャリアハイを更新。引き続き休養中の大坂なおみ(日本/日清食品)は、2上げて10位としている。


並みいる強豪を抑え、インディアンウェルズ大会を制したのは、第21シードのパウラ・バドーサ ジベルト(スペイン)。5月の「WTA250 ベオグラード」に続く今シーズン2つ目のタイトル獲得で、14上げてキャリアハイの13位と見事トップ20入りを果たした。準優勝の第27シード、ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)も6上げて26位につけている。前回覇者のビアンカ・アンドレスク(カナダ)は3回戦敗退となり、ランキングも1下げて22位に。


その他、ノーシードのスローン・スティーブンス(アメリカ)は2回戦敗退ながら73位から14上げて59位に。2回戦で途中棄権のマルチナ・トレビザン(イタリア)は、2020年「全仏オープン」のベスト8進出で得たポイントを失ったことから、66位から46下げてトップ100陥落(112位)。同じく昨年の「全仏オープン」でベスト4と躍進したが、今回のインディアンウェルズ大会には出場していなかったナディア・ポドロスカ(アルゼンチン)も、46の大幅ランクダウンとなっている(36位→82位)。


日本人選手では、土居美咲(日本/ミキハウス)が2回戦敗退も3アップの106位。1回戦敗退の日比野菜緒(日本/ブラス)も1上げて120位に。予選から勝ち上がった本玉真唯(日本/島津製作所)も同じく1回戦敗退となったものの、8上げて153位とし、キャリアハイを更新している。共に予選1回戦敗退の奈良くるみ(日本/安藤証券)は9下げて179位、日比万葉(日本/グラムスリー)は4上げて186位。


青山修子(日本/近藤乳業)と柴原瑛菜(日本/橋本総業ホールディングス)は同大会ダブルスに第3シードで出場しベスト4進出。青山が2上げて6位、柴原が1上げて7位で、揃ってキャリアハイを更新した。


◇   ◇   ◇


【10月18日付最新WTAランキング】
順位(前週) 名前(国籍) ポイント


1. ← (1) アシュリー・バーティ(オーストラリア) 9,077
2. ← (2) アリーナ・サバレンカ(ベラルーシ) 7,115
3. ← (3) カロリーナ・プリスコバ(チェコ) 5,320
4. ↑ (5) バーボラ・クレイチコバ(チェコ) 4,748
5. ↑ (6) ガルビネ・ムグルッサ(スペイン) 4,425
6. ↑ (7) エリナ・スビトリーナ(ウクライナ) 4,096
7. ↑ (9) マリア・サカーリ(ギリシャ) 4,005
8. ↑ (14) オンス・ジャバー(チュニジア) 3,500
9. ↑ (10) ベリンダ・ベンチッチ(スイス) 3,365
10. ↑ (12) 大坂なおみ(日本/日清食品) 3,326
11. ↓ (4) イガ・シフィオンテク(ポーランド) 3,306
12. ↑ (15) アンジェリック・ケルバー(ドイツ) 3,265
13. ↑ (27) パウラ・バドーサ ジベルト(スペイン) 3,248
14. ↓ (8) ソフィア・ケニン(アメリカ) 3,130
15. ↓ (11) ペトラ・クビトバ(チェコ) 3,035
16. ↓ (13) アナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア) 2,986
17. ↓ (16) エレナ・リバキナ(カザフスタン) 2,883
18. ← (18) エリース・メルテンス(ベルギー) 2,835
19. ↓ (17) シモナ・ハレプ(ルーマニア) 2,807
20. ← (20) アネット・コンタベイト(エストニア) 2,766


------------------------


22. ↓ (21) ビアンカ・アンドレスク(カナダ) 2,628


26. ↑ (32) ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ) 2,505


59. ↑ (73) スローン・スティーブンス(アメリカ) 1,031


82. ↓ (36) ナディア・ポドロスカ(アルゼンチン) 862


106. ↑ (109) 土居美咲(日本/ミキハウス) 716


112. ↓ (66) マルチナ・トレビザン(イタリア) 678


120. ↑ (121) 日比野菜緒(日本/ブラス) 626


153. ↑ (161) 本玉真唯(日本/島津製作所) 483


179. ↓ (170) 奈良くるみ(日本/安藤証券) 399


186. ↑ (190) 日比万葉(日本/グラムスリー) 369


(テニスデイリー編集部)


※写真は「WTA1000 マイアミ」での青山(左)と柴原(右)
(Photo by Michele Eve Sandberg/Icon Sportswire via Getty Images)

今すぐテニスがしたい!そんな時は「テニスイッチ」
都度払いで入会金、月会費は0円、自分好みのスクールやレッスンを選んで通えるサービス。現在、関東を中心にサービスを展開中。詳細はこちら>>

WTAニュースの関連記事

PAGE TOP
menu