マイページ

WTAニュース

本玉がインディアンウェルズ本戦進出!奈良や望月は予選敗退

2017年「全豪オープン」ジュニア部門での本玉真唯

「ATP/WTA1000 インディアンウェルズ」(アメリカ・インディアンウェルズ/10月6日~10月17日/ハードコート)開幕に向けて予選が行われ、世界ランキング161位の本玉真唯(日本/島津製作所)が予選突破を果たした。WTA(女子テニス協会)公式ウェブサイトが伝えている。

22歳の本玉は、先日行われた「WTA500 シカゴ」で予選を勝ち進んでツアー本戦初出場を果たすと、元世界4位のカロリーヌ・ガルシア(フランス)と世界43位シェルビー・ロジャーズ(アメリカ)を破り、ベスト8に進出。のちに優勝する第2シードガルビネ・ムグルッサ(スペイン)に準々決勝で敗れた後、「負けてしまったのはとてもとてもとても悔しいですが、毎日信じられないくらい最高な経験ができて、充実した1週間になりました。このレベルで戦い続けたい!!!この経験を糧に、もっともっと上を目指して頑張ります/沢山のご声援本当にありがとうございました!すぐに次の大会が始まるので気を引き締めて戦います!」とInstagramに綴っていた。


そして迎えたインディアンウェルズ大会の予選では、1回戦で第14シードの世界143位Panna Udvardy(ハンガリー)に7-5、7-5で、2回戦では第7シードの世界112位クリスティーナ・クコバ(スロバキア)に6-3、6-4で勝利し、本戦出場を決めている。


日本勢としては世界170位の奈良くるみ(日本/安藤証券)と世界190位の日比万葉(日本/グラムスリー)も予選に参加していたが、前者は第6シードの世界108位ザリナ・ディアス(カザフスタン)に4-6、3-6で、後者は第13シードの世界138位オルガ・ゴボルツォバ(ベラルーシ)に2-6、6-3、1-6で敗れ、ともに1回戦で姿を消した。


男子では、世界288位の守屋宏紀(日本/安藤証券)と世界399位の18歳、望月慎太郎(日本/Team YUKA)が予選1回戦で敗退。守屋は第4シードの世界145位マキシム・クレッシー(アメリカ)に4-6、6-4、3-6で、望月は世界199位のレンツォ・オリーボ(アルゼンチン)に3-6、2-6で敗れている。


本玉が本戦1回戦で当たる相手は世界63位のジャスミン・パオリーニ(イタリア)。9月半ばに「WTA250 ポルトロス」でツアー初タイトルを手にした25歳の選手だ。その試合に勝てば、第14シードのエリース・メルテンス(ベルギー)と対戦する。「WTA500 シカゴ」に続いて堂々とした戦いを見せてくれるのではないだろうか。


その他の日本勢としては、男子では錦織圭(日本/日清食品)、西岡良仁(日本/ミキハウス)、ダニエル太郎(日本/エイブル)、女子では日比野菜緒(日本/ブラス)、土居美咲(日本/ミキハウス)が本戦に臨む。


(テニスデイリー編集部)


※写真は2017年「全豪オープン」ジュニア部門での本玉真唯
(Photo by Pat Scala/Getty Images)

WTAニュースの関連記事

PAGE TOP
menu