マイページ

WTAニュース

世界ランキング、大坂含むトップ勢に大きな変動なし。ダブルスの青山、柴原が自己最高の9位に

「WTA1000 マイアミ」での青山(左)と柴原(右)

WTA(女子テニス協会)は2日、最新の世界ランキングを公表。2位の大坂なおみ(日本/日清食品)を含むトップ10の変動はなかった。

先週WTAでは、「東京オリンピック」の裏で2大会が開催。セルビアで開催された「WTA125 ベオグラード」では、元世界26位のノーシード、アンナ カロリーナ・シュミドローバ(スロバキア)が優勝。23上げて99位とし、2019年9月以来のトップ100返り咲きを果たした。第2シードで準優勝のアランチャ・ラス(オランダ)は6アップの79位。


アメリカで開催された「WTA125 チャールストン」では、第4シードだった35歳のバルバラ・レプチェンコ(アメリカ)が優勝し、26の大幅ランクアップで126位に。ノーシードで準優勝のジェイミー・ローブ(アメリカ)も、37の急浮上でトップ200入り(192位)。


日本人選手では、大坂が依然2位をキープ日比野菜緒(日本/ブラス)は2つ上げて72位、土居美咲(日本/ミキハウス)は93位のまま。奈良くるみ(日本/安藤証券)は1アップの177位。また、内藤祐希(日本/亀田製菓)は先週に、日比万葉(日本/グラムスリー)は今週に、それぞれ順位を落としてトップ200から陥落している(内藤:207位、日比:215位)。


ダブルスの青山修子(日本/近藤乳業)と柴原瑛菜(日本/橋本総業ホールディングス)は、9位だったニコール・メリチャー(アメリカ)が12位に下がったことで、代わりに1つ順位を上げ、揃ってキャリアハイの9位につけている。


◇   ◇   ◇


【8月2日付最新WTAランキング】
順位(前週) 名前(国籍) ポイント


1. ← (1) アシュリー・バーティ(オーストラリア) 9,635
2. ← (2) 大坂なおみ(日本/日清食品) 7,336
3. ← (3) アリーナ・サバレンカ(ベラルーシ) 6,845
4. ← (4) ソフィア・ケニン(アメリカ) 5,640
5. ← (5) ビアンカ・アンドレスク(カナダ) 5,331
6. ← (6) エリナ・スビトリーナ(ウクライナ) 5,125
7. ← (7) カロリーナ・プリスコバ(チェコ) 4,975
8. ← (8) イガ・シフィオンテク(ポーランド) 4,685
9. ← (9) ガルビネ・ムグルッサ(スペイン) 4,165
10. ← (10) シモナ・ハレプ(ルーマニア) 4,115
11. ← (11) バーボラ・クレイチコバ(チェコ) 4,113
12. ← (12) ベリンダ・ベンチッチ(スイス) 4,085
13. ← (13) ペトラ・クビトバ(チェコ) 3,985
14. ↑ (15) ジェニファー・ブレイディ(アメリカ) 3,830
15. ↓ (14) ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ) 3,825
16. ← (16) セレナ・ウイリアムズ(アメリカ) 3,641
17. ← (17) エリース・メルテンス(ベルギー) 3,495
18. ← (18) アナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア) 3,420
19. ← (19) マリア・サカーリ(ギリシャ) 3,295
20. ← (20) エレナ・リバキナ(カザフスタン) 3,083


------------------------


72. ↑ (74) 日比野菜緒(日本/ブラス) 1,050


79. ↑ (85) アランチャ・ラス(オランダ) 996


93. ← (93) 土居美咲(日本/ミキハウス) 871


99. ↑ (122) アンナ カロリーナ・シュミドローバ(スロバキア) 844


126. ↑ (152) バルバラ・レプチェンコ(アメリカ) 667


177. ↑ (178) 奈良くるみ(日本/安藤証券) 434


192. ↑ (229) ジェイミー・ローブ(アメリカ) 395


207. ↓ (201) 内藤祐希(日本/亀田製菓) 352


215. ↓ (184) 日比万葉(日本/グラムスリー) 336



(テニスデイリー編集部)


※写真は「WTA1000 マイアミ」での青山(左)と柴原(右)
(Photo by Michele Eve Sandberg/Icon Sportswire via Getty Images)

WTAニュースの関連記事

PAGE TOP
menu