マイページ

WTAニュース

世界ランキング、トップ10も大きく変動。驚異の159ランクアップの選手も

「ウィンブルドン」でのエマ・ラドゥカヌ

WTA(女子テニス協会)は12日、最新の世界ランキングを公表。「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/6月28日~7月11日/グラスコート)が終わり、トップ10にも変動が見られるが、大坂なおみ(日本/日清食品)は2位をキープしている。

今年の「ウィンブルドン」覇者となったアシュリー・バーティ(オーストラリア)はポイントを加算して1位を独走。大会前は529ポイント差だった2位の大坂に、2000ポイント以上の差をつけている。前回の優勝者シモナ・ハレプ(ルーマニア)は、怪我によって今大会欠場となったことが響き、一気に3位から9位へダウン。代わって3位に浮上したのはベスト4のアリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)。今年の5月から4位につけてトップ3を追い続けていたが、ついに自己最高ランキングを更新した。また、準優勝のカロリーナ・プリスコバ(チェコ)は6アップの7位に。2週間前のランキングで、2016年8月以来のトップ10圏外(13位)となっていたが、すぐさま復帰を果たした。一方、前回準優勝のセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)は1回戦の最中に湿った芝に滑って足を痛めてしまい途中棄権。8下げてトップ10陥落の16位となった。


その他、大幅ランクアップの選手たちも多かった。ベスト8の2人、ビクトリヤ・ゴルビッチ(スイス)は18上げてキャリアハイの48位、もう1人のアイラ・トムヤノビッチ(オーストラリア)も24上げて51位と大躍進。「ウィンブルドン」前に開催された「WTA500 ベルリン」で優勝してキャリアハイを更新したばかりのリュドミラ・サムソノワ(ロシア)も、「ウィンブルドン」4回戦進出で10ランクアップしさらに自己最高を更新した(55位)。3回戦進出のマリア カミラ・オソリオ セラーノ(コロンビア)も14上げて、こちらもキャリアハイを更新(80位)。今年の「ウィンブルドン」で最も注目を集めた選手の一人、18歳の新星エマ・ラドゥカヌ(イギリス)は、ワイルドカードでの出場でありながら初のグランドスラムで4回戦まで勝ち進み、順位は338位から179位に。脅威の159ランクアップとなっている。


「ウィンブルドン」と同時期に開催されていた大会での優勝者も大幅ランクアップ。「WTA250 ハンブルク」優勝のエレナ ガブリエラ・ルース(ルーマニア)は65上げて133位、「WTA125 バスタッド」優勝のNuria Parrizas Diaz(スペイン)は31上げて117位、フランスで行われた下部大会で優勝したアンヘリーナ・カリニーナ(ウクライナ)は30上げて95位。3人ともキャリアハイを更新している。


「ウィンブルドン」で2回戦まで駒を進めた日比野菜緒(日本/ブラス)は6上げて79位。1回戦敗退の土居美咲(日本/ミキハウス)は10下げて93位に。予選敗退の奈良くるみ(日本/安藤証券)は2下げて173位、予選1勝の日比万葉(日本/グラムスリー)は177位のまま。内藤祐希(日本/亀田製菓)は5下げて190位となっている。


一方のダブルスでは、「ウィンブルドン」準決勝進出の青山修子(日本/近藤乳業)と柴原瑛菜(日本/橋本総業ホールディングス)が、共に3ランクアップで10位と、初のトップ10入りを果たしている。


◇   ◇   ◇


【7月12日付最新WTAランキング】
順位(前週) 名前(国籍) ポイント


1. ← (1) アシュリー・バーティ(オーストラリア) 9,635
2. ← (2) 大坂なおみ(日本/日清食品) 7,336
3. ↑ (4) アリーナ・サバレンカ(ベラルーシ) 6,965
4. ↑ (6) ソフィア・ケニン(アメリカ) 5,640
5. ↑ (7) ビアンカ・アンドレスク(カナダ) 5,331
6. ↓ (5) エリナ・スビトリーナ(ウクライナ) 5,125
7. ↑ (13) カロリーナ・プリスコバ(チェコ) 4,975
8. ↑ (9) イガ・シフィオンテク(ポーランド) 4,695
9. ↓ (3) シモナ・ハレプ(ルーマニア) 4,330
10. ↑ (12) ガルビネ・ムグルッサ(スペイン) 4,165
11. ← (11) ベリンダ・ベンチッチ(スイス) 4,085
12. ↓ (10) ペトラ・クビトバ(チェコ) 3,985
13. ↑ (17) バーボラ・クレイチコバ(チェコ) 3,893
14. ← (14) ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ) 3,845
15. ← (15) ジェニファー・ブレイディ(アメリカ) 3,830
16. ↓ (8) セレナ・ウイリアムズ(アメリカ) 3,641
17. ↓ (16) エリース・メルテンス(ベルギー) 3,575
18. ↑ (19) アナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア) 3,420
19. ↓ (18) マリア・サカーリ(ギリシャ) 3,420
20. ← (20) エレナ・リバキナ(カザフスタン) 3,258


------------------------


48. ↑ (66) ビクトリヤ・ゴルビッチ(スイス) 1,531


51. ↑ (75) アイラ・トムヤノビッチ(オーストラリア) 1,470


55. ↑ (65) リュドミラ・サムソノワ(ロシア) 1,441


79. ↑ (85) 日比野菜緒(日本/ブラス) 1,050


80. ↑ (94) マリア カミラ・オソリオ セラーノ(コロンビア) 1,029


93. ↓ (83) 土居美咲(日本/ミキハウス) 871


95. ↑ (125) アンヘリーナ・カリニーナ(ウクライナ) 858


117. ↑ (148) Nuria Parrizas Diaz(スペイン) 710


133. ↑ (198) エレナ ガブリエラ・ルース(ルーマニア) 613


173. ↓ (171) 奈良くるみ(日本/安藤証券) 434


177. ← (177) 日比万葉(日本/グラムスリー) 410


179. ↑ (338) エマ・ラドゥカヌ(イギリス) 404


190. ↓ (185) 内藤祐希(日本/亀田製菓) 386


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ウィンブルドン」でのエマ・ラドゥカヌ
(Photo by Mike Hewitt/Getty Images)

WTAニュースの関連記事

PAGE TOP
menu