マイページ

WTAニュース

テニスの元世界12位選手が出産「9歳で母を亡くし、自分の家族が欲しかった」

2019年「マイアミ・オープン」でのウィックマイヤー

元世界ランキング12位、5回の優勝を誇るヤニナ・ウィックマイヤー(ベルギー)が第一子となる女児を出産。Instagramで喜びの報告をした。米テニスメディアBaselineが報じた。

「私たちはもうこの子に夢中。本当に誇らしい」とウィックマイヤー。31歳のウィックマイヤーは昨年10月に妊娠を発表。早くに母親を亡くしたので、自分の家族を持ちたいと願っていた、と綴っていた。


「9歳の時に母を亡くしたのは私の人生で一番辛い出来事だった。でもいつかは自分が子供たちを持って、母親になることが夢になった」


翌11月、ウィックマイヤーは子供の性別を明かした。「女の子」と彼女は書いた。


そしてその女の子は驚くべきことに、ウィックマイヤーと夫の特別な記念日に生まれたのだった。「私たちのいつも、そして永遠に愛する娘は、私たちが10年前恋に落ちたのと同じ日に生まれてきた」


ウィックマイヤーは2010年4月にキャリアハイの世界12位を達成。2015年「ジャパンウイメンズオープン」を含む5大会で優勝したが、パンデミックによる中断後、ツアーレベルの大会で勝利はあげていない。


(テニスデイリー編集部)


※写真は2019年「マイアミ・オープン」でのウィックマイヤー
(Photo by Michael Reaves/Getty Images)

tenniswitch.jpg

今すぐテニスがしたい! そんな人向けの新しいアプリ「テニスイッチ」

「コートが混雑していて、なかなか予約できない」「友人とのプレー日程を合わせるのが難しい」「定期的にスクールへ通う予定が組めない」「練習ではなく試合形式ばかりで上達できない」といった人々の声に応える、新たなサービスが誕生。

「スマホで簡単にテニススクールのレッスンやイベントを1回から利用できる」というもの。

レッスンやイベントを出品、販売したいスクールの申込も受け付け中。

アプリの詳細はこちら

WTAニュースの関連記事

PAGE TOP
menu