マイページ

WTAニュース

大坂なおみ マイアミOP準々決勝は世界25位サカーリとに決定。過去3勝1敗の相手

「WTA1000 マイアミ」での大坂なおみ

現地29日の「WTA1000 マイアミ」(アメリカ・マイアミ/3月23日~4月3日/ハードコート)女子シングルス4回戦で、第23シードの世界25位マリア・サカーリ(ギリシャ)が第29シードの世界33位ジェシカ・ペグラ(アメリカ)に6-4、2-6、7-6(6)で勝利し、準々決勝に進出。この結果、第2シードの大坂なおみ(日本/日清食品)の次戦相手はサカーリに決まった。

大坂とサカーリの過去の対戦成績は、大坂の3勝1敗。前回対戦した2020年1月のブリスベン大会では、大坂がフルセットの末に勝利を収めた。


次戦の相手であるサカーリは、1995年生まれの現在25歳。キャリアハイは2020年2月に記録した世界20位で、2019年のモロッコの大会でタイトルを獲得している。「WTA1000 マイアミ」でのこれまでの過去最高成績は、2018年の3回戦進出だった。


そしてサカーリはこの日の4回戦、試合時間2時間38分に及ぶ壮絶なシーソーゲームを制しての勝ち上がり。最終セットでは、ペグラに何度もマッチポイントを握られながらも全て凌ぎ、最後はタイブレークで激闘をものにした。


一方の大坂は同日の4回戦で、第16シードエリース・メルテンス(ベルギー)にストレートで快勝。自身初の「WTA1000 マイアミ」ベスト8進出だ。


今大会良いかたちでの勝ち上がりを見せている大坂が、次戦でも素晴らしいプレーを見せることが期待される。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「WTA1000 マイアミ」での大坂なおみ
(Photo by Mark Brown/Getty Images)

WTAニュースの関連記事

PAGE TOP
menu