マイページ

WTAニュース

土居美咲が2大会連続でラッキールーザーのチャンスを活かし、上位ランク撃破

「WTA500 ドーハ」での土居

2日の「WTA500 ドーハ」(カタール・ドーハ/3月1日~3月6日/ハードコート)女子シングルス1回戦で、世界83位の土居美咲(日本/ミキハウス)が、世界48位のジェン・サイサイ(中国)と対戦。土居が6-4、6-3で勝利し2回戦へ進出した。

土居は今大会に予選から出場。予選決勝で敗れたが、本戦出場者に欠員が出たため、ラッキールーザーとして本戦入りを果たしていた。先週開催の「WTA500 アデレード」でもラッキールーザーで本戦出場し1回戦を突破(2回戦敗退)しており、2大会連続でチャンスを活かした。


土居はこの試合、ファーストサーブ成功率が52%、ファーストサーブポイント獲得率も56%とリズムを作るのに苦労したが、セカンドサーブポイント獲得率は70%を記録。2度ブレークを喫したものの、4度のブレークを奪ってストレート勝ちを収めた。


勝利した土居は2回戦で、第1シードエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)と対戦する。両者の過去の対戦成績は1勝1敗で、2015年の「ウィンブルドン」以来約6年ぶりの対戦。世界5位の第1シードが相手ではあるが、勝利したこともあるだけに金星に期待だ。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「WTA500 ドーハ」での土居
(Photo by Mohamed Farag/Getty Images)

WTAニュースの関連記事

PAGE TOP
menu