マイページ

WTAニュース

テニスの元世界女王が語る、大きな成功と名声のプレッシャーを超える方法

「プラハ・オープン」で優勝したハレプ

テニスの元世界女王シモナ・ハレブ(ルーマニア)は、今年ドバイとプラハ、ローマの3大会で優勝。「全豪オープン」では準決勝に進出したが、「全仏オープン」では優勝者となったイガ・シフィオンテク(ポーランド)に4回戦で敗れた。そんなハレプが、成功した後の名声が連れて来た困難について語った。Tennis World USAが報じている。

ノア・ルビン(アメリカ)の運営する、プロテニス選手たちが様々な本音を語るウェブサイト「Behind the Racquet」で、ハレプは2014年の「全仏オープン」で初めてグランドスラムの決勝に進出し、一躍有名になった時のことを語った。


「2014年、テニスが私の人生を変えた。“全仏オープン”で初めてグランドスラムの決勝に進出。1978年以降、グランドスラムの決勝に出たルーマニア人選手はいなかった。みんな大喜びで、私の将来に大きな期待を持った。私がグランドスラムで優勝するだろうとみんなが思い始めた」


「私は突然大人気になった。道を歩けば人々は私に気付き、写真やサインをせがんだ。あまりにも大きな変化だったので最初は大変で、この頃に多くのことを学んだ。人々の注目を楽しもうと思ったけど、大きなストレスだった。とてもエネルギーのいることだから」


「テニスへの集中を失いたくなかった。うまくバランスをとろうとした。ファンにはオープンに接してきたけれど、テニスで良い結果を出すためにはハードな練習に集中しなければならなかった」


2014年の「全仏オープン」決勝で、ハレプはマリア・シャラポワ(ロシア)にフルセットで敗れた。その後2017年の「全仏オープン」と2018年の「全豪オープン」でも決勝に進出したが、エレナ・オスタペンコ(ラトビア)とカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)にいずれも敗退。ようやく初めてのグランドスラム優勝を果たしたのは、2018年の「全仏オープン」でだった。


「世界に対して、私は勝ち続けることができると証明する必要があると感じてた。それが私の毎日努力して進歩し続けるモチベーションだった。でもここ数年で、プレッシャーの良い面も悪い面も、前よりうまく扱えるようになったと思う」


「大きな勝利の後にはプレッシャーがやってくる。でもプレッシャーを感じた時、私のテニス人生は成功にかかっているわけではないと考えるの。一番大切なのは一生懸命努力すること。100%ペストを尽くしたら、後悔はない。失敗を恐れたことはないわ」


「成功しなければ、それは力が足りなかったということ。それなら、もっと努力すればいい」


(テニスデイリー編集部)


※写真は「プラハ・オープン」で優勝したハレプ
(Photo by Martin Sidorjak/Getty Images)

リポビタン国際ジュニア Supported by KIMIKO DATE×YONEX PROJECT

世界のトップを目指すジュニア選手たちが愛媛で繰り広げられる、ITFジュニア大会の様子をテニスデイリーがお届け!

12月6日 ライブ配信ページ

【ITFジュニア大会概要】

■大会名:リポビタン国際ジュニアSupported by KIMIKO DATE×YONEX PROJECT
■日程:2020年11月30日(月)~12月6日(日)
■共催:ヨネックス株式会社、株式会社KD PLANNING
■公認:国際テニス連盟(ITF)、公益財団法人日本テニス協会(JTA)
■会場:愛媛県総合運動公園(17面)
■カテゴリー:ITF World Tennis Tour Junior グレード5
大会公式ウェブサイト

WTAニュースの関連記事

PAGE TOP
menu