マイページ

WTAニュース

【速報】大坂なおみが第1セットを落とす。約6ヶ月半ぶりの公式戦

「全豪オープン」での大坂なおみ

「ウェスタン&サザン・オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月22日~8月28日/ハードコート)大会3日目の女子シングルス2回戦、第4シード大坂なおみ(日本/日清食品)が世界26位のカロリーナ・ムチョバ(チェコ)と対戦。大坂が6(5)-7で第1セットを落とした。

新型コロナウイルスの影響により、3月から中断されていた女子のWTAツアー。大坂は2月の「フェドカップ」予選ラウンド以来、約6ヶ月半ぶりの公式戦となった。


両者は今回が初の対戦。対戦相手のムチョバは1回戦で、予選勝者の世界133位アン・リー(アメリカ)をストレートで破って勝ち上がり。


第1セットは大坂のサービスゲームから始まった。いきなり第1ゲームをラブゲームでブレークされた大坂。しかし直後にブレークバックに成功し、リードを許さない。その後は両者ともにサービスゲームをキープしていく。


そして第1セットはタイブレークにもつれ込んだ。タイブレークで大坂はいきなりミニブレークを喫すると、3ポイントを連取されてしまう。しかし、そこから着実にポイントを重ねていく。


ミニブレークバックに成功し、ポイント4-4と追いついた大坂だったが、ムチョバに見事なロブを決められ、再びミニブレークを喫してしまう。


諦める様子を見せない大坂は、またもミニブレークバックを成功させるも、最後は自身の力強いショットがわずかにサイドアウトとなり、6(5)-7で第1セットを落とした。


試合は2セットを先取した方が勝利の3セットマッチ。現在第2セットに進んでいる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全豪オープン」での大坂なおみ
(Photo by Fred Lee/Getty Images)

WTAニュースの関連記事

PAGE TOP
menu