マイページ

WTAニュース

ハレプがツアー再開戦を欠場へ。大会側は「憤慨している」と非難

2019年「ムトゥア マドリード・オープン」でのハレプ

26日、WTAツアーの再開戦となる「パレルモ・オープン」(イタリア・パレルモ/8月3日~8月9日/クレーコート)に出場を予定していた世界2位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)が、新型コロナウイルス感染症への懸念を理由に欠場することを自身のTwitterで発表した。

ハレプはTwitterで以下のように綴っている。


「最近ルーマニアで新型コロナウイルス感染者が増加していることと、この時期に国外への渡航をする不安を考え、パレルモを欠場するという厳しい決断をしました。私のために尽力してくれた大会ディレクターとイタリア保険省に感謝したいです」


CNNによると、ルーマニアとブルガリアからイタリアへ入国する際は14日間の検疫期間が必要だった。ただ、大会側はプロテニス選手は検疫が免除となるように保健省に確認をとり、ハレプ側にも通達されていた。


そのため大会側はTwitterで「ハレプのスタッフは最終的な決定を伝えるだけで、私たちの努力を無駄にした。私たちは憤慨しており、深く失望している」と非難している。


(テニスデイリー編集部)


※写真は2019年「ムトゥア マドリード・オープン」でのハレプ
(Photo by Alex Pantling/Getty Images)

【シルエットクイズ!】
これは誰?写真をクリックすると答えが分かります。
GettyImages-906281572.jpg
(Photo by Cameron Spencer/Getty Images)

WTAニュースの関連記事

PAGE TOP
menu