マイページ

WTAニュース

女子の試合でスタンドからのコーチングを認めることに

写真は「全豪オープン」でセレナ(右)とコーチのムラトグルー(左)

WTA(女子プロテニス協会)は今シーズンの試行として、グランドスラム以外の大会で、これまでのルールを変更し、コーチが試合中にスタンドからコーチングをすることを許可すると発表した。Fox Sportsが伝えている。

これにより、コーチはスタンドから手を使った合図や、口頭で簡単な指示を送ることが可能になる。これらの行為は禁止にも関わらず、実際には行われており、滅多にペナルティを取られないでいた。


WTAのスポークスマンAmy Binder氏は「この試行を行う根拠は、ボックス席からのコーチングは、すでに行われていると感じられるからです。これを規制することは難しいので、許可することで全ての試合で公平さを保てるでしょう」と語っている。


この新ルールは2月17日の週から、WTAの全ての「プレミア」大会と「国際」大会で適用される。「選手がコーチと同じサイドにいる時には、少しなら声をかけてもいいことになります」とBinder氏は加えた。


WTAとしては、今も実際に行われている以上のコーチングは望んでいない。現在も採用されている、コートチェンジ時やセット間にコーチが選手のところへ行き直接アドバイスできるオンコートコーチングの制度は、これまで通りに行われる。


グランドスラムでは、男子、女子ともに試合中のコーチングは一切禁止。ATP(男子プロテニス協会)は、全てのトーナメントで禁止している。


この試合中のコーチング問題が大きく取り上げられたのは、2018年の「全米オープン」決勝、大坂なおみ(日本/日清食品)とセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)の試合中に、セレナのコーチであるパトリック・ムラトグルーがセレナにコーチングをしたとしてペナルティを課せられた時であった。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全豪オープン」でセレナ(右)とコーチのムラトグルー(左)
(Photo by Daniel Pockett/Getty Images)

「全豪オープンテニス」
2020シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープンテニス。
WOWOWで決勝まで連日生中継!現地の感動と興奮をお届け。

【放送予定】2020年1月20日(月)~2月2日(日)連日生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら>

WTAニュースの関連記事

PAGE TOP
menu