マイページ

WTAニュース

信じられないほど曲がるスライスが月間ベストショットに選出

「WTAファイナルズ・深セン」でのスビトリーナ

27日、WTA(女子テニス協会)が10月のベストショットを発表。女子ツアー最終戦「WTAファイナルズ・深セン」でエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)が見せた、信じられないほど曲がるフォアハンドスライスショットが選ばれた。

そのスライスショットが飛び出したのはグループリーグ第2戦、シモナ・ハレプ(ルーマニア)との対戦でのこと。


第2セット中盤でのハレプのサービスゲーム、18本にも及んだロングラリーの最後のショット。最初は強打のラリーが続き、その中でスビトリーナがハレプの体勢を崩すことに成功。しかし、ハレプも持ち前の粘りで拾い続ける。すると一瞬スビトリーナが逆を取られたかに見えたが、上手く踏みとどまると、フォアハンドで思い切りラケットをスイング。力強くかけられたサイド回転により、ボールはハレプからぐんぐんと逃げていくように曲がり、ウィナーとなった。


試合はスビトリーナが7-5、6-3で勝利。その後も勝ち進み、2年連続で決勝へ進出した。決勝ではアシュリー・バーティ(オーストラリア)に敗れ、2連覇は逃したがランキングを8位から6位に上げて今シーズンを終えている。


3年連続で年末トップ10で終える程の実力者だが、グランドスラムでベスト4へ進出するのは今年が初めて(「ウィンブルドン」と「全米オープン」)だったスビトリーナ。2020年は悲願の初優勝なるか注目だ。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「WTAファイナルズ・深セン」でのスビトリーナ
(Photo by Lintao Zhang/Getty Images)

【スタッフ複数名募集】テニスデイリーではライターを募集しています。

ライター経験を活かしたい方、本格的なライター職の経験を積みたい方、テニスの魅力をあなたの言葉でもっと日本に広めませんか?

■詳しい応募内容はこちら> ご応募お待ちしています!

WTAニュースの関連記事

PAGE TOP
menu