マイページ

WTAニュース

【最終戦ランキング】大坂なおみ 5位に上昇。次戦は28日開幕チャイナOPへ

「東レ パン・パシフィック・オープン」での大坂なおみ

シーズン最後に年間の上位8選手で競う「WTAファイナルズ・深セン」への出場権を巡る「レース・トゥ・深セン」。WTA(女子テニス協会)が9月23日付けのレースランキングを公表。大坂なおみ(日本/日清食品)は4,246ポイントで、前週から順位を2つ上げて5位となった。

大坂は前週、生まれ故郷である大阪府で行われた「東レ パン・パシフィック・オープン」で同大会初優勝。1月の「全豪オープン」以来約8ヵ月ぶり、通算4個目のタイトルを獲得し、前週から470ポイント加算した。


5位の大坂と、6位のセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)は311ポイント差。7位のペトラ・クビトバ(チェコ)とは410ポイント差だ。


8位圏外では、前年の最終戦覇者エリナ・スビトリーナ(ウクライナ)が、前週から29ポイント積み上げて10位から9位に。出場圏内まであと一歩の位置につけた。


なお、1位のアシュリー・バーティ(オーストラリア)と2位のカロリーナ・プリスコバ(チェコ)は、すでに「WTAファイナルズ・深セン」への出場権を獲得しており、残る枠は6つだ。


そして大坂は次戦、28日に開幕する「チャイナ・オープン」への出場を予定している。出場権獲得に向け、さらにポイントを重ねることに期待したい。


◇   ◇   ◇


【9月23日付レース・トゥ・深セン ランキング】
順位 名前(国籍) ポイント


1.アシュリー・バーティ(オーストラリア) 5,476 [出場権獲得]
2.カロリーナ・プリスコバ(チェコ) 5,256 [出場権獲得]
3.シモナ・ハレプ(ルーマニア) 4,792
4.ビアンカ・アンドレスク(カナダ) 4,727
5.大坂なおみ(日本/日清食品) 4,246
6.セレナ・ウイリアムズ(アメリカ) 3,935
7.ペトラ・クビトバ(チェコ) 3,836
8.ベリンダ・ベンチッチ(スイス) 3,615
9.エリナ・スビトリーナ(ウクライナ) 3,592
10.キキ・バーテンズ(オランダ) 3,580
11ジョハナ・コンタ(イギリス) 2,880
12.ソフィア・ケネン(アメリカ) 2,595
13.マディソン・キーズ(アメリカ) 2,542
14.マルケタ・ボンドルソバ(チェコ) 2,390
15.アンジェリック・ケルバー(ドイツ) 2,310


(テニスデイリー編集部)


※写真は「東レ パン・パシフィック・オープン」での大坂なおみ
(Photo by Koji Watanabe/Getty Images)

【スタッフ複数名募集】テニスデイリーではライターを募集しています。

ライター経験を活かしたい方、本格的なライター職の経験を積みたい方、テニスの魅力をあなたの言葉でもっと日本に広めませんか?

■詳しい応募内容はこちら> ご応募お待ちしています!

WTAニュースの関連記事

PAGE TOP
menu