WTAニュース

【速報】大坂なおみが第1セットを落とす。第13シードのベンチッチとの4回戦[全米オープン]

「全米オープン」での大坂なおみ

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月26日~男子9月8日・女子7日/ハードコート)大会8日目、女子シングルス4回戦で、第1シード大坂なおみ(日本/日清食品)が世界12位のベリンダ・ベンチッチ(スイス)と対戦。第1セットは7-5でベンチッチが先取した。

両者は今シーズン2度対戦しており、対戦成績は大坂の0勝2敗と大坂に分が悪い。また、ベンチッチは、3回戦で相手が試合前に棄権したことにより、体力を温存した状態でこの試合に臨んでいるため、好条件がそろっているといえるだろう。


リターンでの好調さに比べ、今大会では、2回戦でのファーストサーブの確率が46%、3回戦では55%と低く、「ここ2試合の、ファーストサーブの確率の低さにはがっかりしている。(ベンチッチとの)次の試合ではもう少しファーストサーブを入れていきたい」と語っていた大坂。


大坂のサービスで始まった第1ゲーム、エースは取るものの、なかなかファーストサーブが入らず、早々にブレークポイントを握られた大坂は、痛恨のダブルフォルトでベンチッチにブレークを許した。


ベンチッチが第2ゲームをキープし、ゲームカウント0-2で迎えた第3ゲームは、サービスに手こずる大坂のダブルフォルトから始まった。その後エースは取るものの、ベンチッチにセカンドサーブをたたかれるシーンが目立ち始める。しかし、最後はサービスでポイントし、ゲームカウントを1-2とした。


第4ゲームでブレークバックした大坂は、サービスの調子を上げ、第5ゲームを難なくキープ。


その後はお互いがキープを続ける攻防戦となり5-5で迎えた第10ゲーム。大坂のサービスはベンチッチの態勢を崩すものの、ストロークで攻め切ることができない。強烈なストロークでベンチッチが主導権を握り、この試合2度目のブレークに成功した。


続くベンチッチのサービングフォーザセット。最初のポイントと、最初のセットポイントをダブルフォルトするも安定したプレーでキープ。


大坂は、ミスをしても笑顔を絶やすことなく、安定した精神状態をみせており、続く第2セットでの巻き返しに期待がかかる。


試合は2セットを先取した方が勝利の3セットマッチ。現在第2セットに進んでいる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全米オープン」の大坂
(Photo by Al Bello/Getty Images)

「全米オープンテニス」
2019シーズン最後のグランドスラム、全米オープンテニスをWOWOWで独占生中継!
大坂なおみが大会連覇を目指して戦う!
【放送予定】2019年8月26日(月)~9月9日(月)連日独占生中継

■詳細・放送スケジュールはこちら>

WTAニュースの関連記事

PAGE TOP
menu