WTAニュース

大坂なおみ セレナに完敗で準々決勝敗退。ナダルは逆転でのベスト4入り

「ロジャーズ・カップ」での大坂なおみ

■「ロジャーズ・カップ」(カナダ・トロント/8月5~11日/ハードコート)


現地の9日、大会5日目。女子シングルス準々決勝で第2シード大坂なおみ(日本/日清食品)が第8シードのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)と対戦。3-6、4-6で大坂が敗れ、準々決勝敗退となった。

2018年「全米オープン」決勝以来、通算3度目だった両者の対戦。今回大坂はセレナからブレークポイントを1本も握ることができず、初めてセレナに敗戦を喫した。


一方、第3シードカロリーナ・プリスコバ(チェコ)は世界27位の19歳ビアンカ・アンドレスク(カナダ)にフルセットで敗れた。大坂と世界ランキング1位の座を争っていたプリスコバも敗れたことにより、大坂は週明け後ポイント差で世界1位に返り咲くことが確定した。


■「ATP1000 モントリオール」(カナダ・モントリオール/8月5~11日/ハードコート)


男子シングルス準々決勝、第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)が第7シードのファビオ・フォニーニ(イタリア)に2-6、6-1、6-2のフルセット逆転で勝利。ナダルは前回4月の「ATP1000 モンテカルロ」ではフォニーニに敗れたものの、今回その雪辱を果たした。


前年優勝者のナダル、同大会5度目の優勝に向けてまたひとつ駒を進めた。


一方、第2シードのドミニク・ティーム(オーストリア)は第8シードのダニール・メドベージェフ(ロシア)に3-6、1-6で完敗。第3シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)も第6シードのカレン・ハチャノフ(ロシア)に3-6、3-6のストレートで敗れた。


◇   ◇   ◇


【8月9日 主な試合結果】


◆「ロジャーズ・カップ」


女子シングルス準々決勝


〇[8]セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)6-3、6-4 ●[2]大坂なおみ(日本/日清食品)


ビアンカ・アンドレスク(カナダ)6-0、2-6、6-4 ●[3]カロリーナ・プリスコバ(チェコ)


ソフィア・ケネン(アメリカ)7-6(2)、6-4 ●[6]エリナ・スビトリーナ(ウクライナ)


◆「ATP1000 モントリオール」


男子シングルス準々決勝


〇[1]ラファエル・ナダル(スペイン)2-6、6-1、6-2 ●[7]ファビオ・フォニーニ(イタリア)


〇[8]ダニール・メドベージェフ(ロシア)6-3、6-1 ●[2]ドミニク・ティーム(オーストリア)


〇[6]カレン・ハチャノフ(ロシア)6-3、6-3 ●[3]アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ロジャーズ・カップ」での大坂なおみ
(Photo by Gerry Angus/Icon Sportswire via Getty Images)

【スタッフ募集】テニスデイリーでは編集ライターを募集しています。

テニスデイリーは4大大会期間に600万PV、200万UUを突破したテニス情報サイトです。
編集経験、ライター経験を活かしたい方、あなたの言葉でテニスの魅力をもっと日本に広めませんか?

■詳しい応募内容はこちら> ご応募お待ちしています!

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu