マイページ

WTAニュース

大坂、次大会も準々決勝でセレナと対戦可能性あり。初戦は世界46位か予選勝者

「ロジャーズ・カップ」での大坂なおみ

「ウェスタン&サザン・オープン」(アメリカ・シンシナティ/8月12~18日/ハードコート)のドローが発表された。大坂なおみ(日本/日清食品)は第2シードで参戦し、1回戦は免除。初戦となる2回戦は、世界46位のアリャクサンドラ・サスノビッチ(ベラルーシ)対予選勝者の勝った方と対戦することが決まった。

大坂とシード勢が順当に勝ち上がった場合、3回戦で第15シードのワン・チャン(中国)、準々決勝で第7シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)、準決勝で第4シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)、決勝で第1シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア)と対戦する可能性がある。


ただ、第10シードにはセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)がおり、準々決勝で大坂と対戦する可能性もある。


現在開催中の「ロジャーズ・カップ」(カナダ・トロント/8月5~11日/ハードコート)女子シングルス準々決勝で、大坂はセレナにストレートで敗れており、早くもリベンジを果たすチャンスとなるかもしれない。


初めてのグランドスラム優勝を成し遂げた「全米オープン」前の、最後の試合となるこの大会も良い調子で勝ち進み、弾みをつけてくれることを期待したい。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ロジャーズ・カップ」での大坂なおみ
(Photo by Vaughn Ridley/Getty Images)

【スタッフ募集】テニスデイリーでは編集ライターを募集しています。

テニスデイリーは4大大会期間に600万PV、200万UUを突破したテニス情報サイトです。
編集経験、ライター経験を活かしたい方、あなたの言葉でテニスの魅力をもっと日本に広めませんか?

■詳しい応募内容はこちら> ご応募お待ちしています!

WTAニュースの関連記事

PAGE TOP
menu