WTAニュース

大坂なおみ セレナと3度目の対戦へ。ナダルはフォニーニとの準々決勝に臨む

「ロジャーズ・カップ」での大坂なおみ

■「ロジャーズ・カップ」(カナダ・トロント/8月5~11日/ハードコート)


現地の9日、大会5日目。女子シングルス準々決勝で第2シード大坂なおみ(日本/日清食品)が第8シードのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)と対戦する。両者の対戦は2018年「全米オープン」決勝以来、通算3度目となる。

大坂は北米ハードコートシーズン初戦となった今大会2回戦、相手の途中棄権による勝ち上がりとなったが、3回戦では予選勝者の世界65位イガ・シフィオンテク(ポーランド)にストレート勝利。一方、セレナは2・3回戦どちらもストレートで制しての勝ち上がりだ。


WTA(女子テニス協会)公式サイトによると、大坂はセレナとの再戦について「本当にワクワクしています」「私は彼女を見て育ったので、彼女とプレーできるチャンスを得た時はいつでも『一生に一度』の機会だと思っています」と話している。


過去2回の対戦では勝利している大坂。今回も憧れのセレナから勝利を挙げることができるか注目だ。試合は日本時間10日8時以降に開始予定。


第3シードカロリーナ・プリスコバ(チェコ)は世界27位の19歳ビアンカ・アンドレスク(カナダ)と対戦する。両者は今回が初対戦。


そのほか、第4シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)、第6シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)がそれぞれベスト4入りをかけて準々決勝に臨む。


■「ATP1000 モントリオール」(カナダ・モントリオール/8月5~11日/ハードコート)


男子シングルス準々決勝、第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)が第7シードのファビオ・フォニーニ(イタリア)と対戦する。ナダルはフォニーニに対して過去11勝4敗だが、直近の対戦である4月の「ATP1000 モンテカルロ」では敗れている。


前年優勝者で、同大会5度目の優勝を目指すナダル。一方、今シーズン自身初のマスターズ1000優勝や初の世界ランキングトップ10入りを果たしたフォニーニ。両者がどのような試合展開を見せるか注目だ。


第2シードのドミニク・ティーム(オーストリア)は第8シードのダニール・メドベージェフ(ロシア)と対戦する。両者の対戦成績はティームの2勝0敗。


そのほか、第3シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)が第6シードのカレン・ハチャノフ(ロシア)と。第10シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)は第16シードのガエル・モンフィス(フランス)との準々決勝に臨む。


◇   ◇   ◇


【8月9日の注目ドロー


◆「ロジャーズ・カップ」


女子シングルス準々決勝


[8]セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)対 [2]大坂なおみ(日本/日清食品)


[3]カロリーナ・プリスコバ(チェコ)対 ビアンカ・アンドレスク(カナダ)


[Q]マリー・ブーズコバ(チェコ)対 [4]シモナ・ハレプ(ルーマニア)


ソフィア・ケネン(アメリカ)対 [6]エリナ・スビトリーナ(ウクライナ)


◆「ATP1000 モントリオール」


男子シングルス準々決勝


[1]ラファエル・ナダル(スペイン)対 [7]ファビオ・フォニーニ(イタリア)


[8]ダニール・メドベージェフ(ロシア)対 [2]ドミニク・ティーム(オーストリア)


[6]カレン・ハチャノフ(ロシア)対 [3]アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)


[16]ガエル・モンフィス(フランス)対 [10]ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ロジャーズ・カップ」での大坂なおみ
(Photo by Vaughn Ridley/Getty Images)

【スタッフ募集】テニスデイリーでは編集ライターを募集しています。

テニスデイリーは4大大会期間に600万PV、200万UUを突破したテニス情報サイトです。
編集経験、ライター経験を活かしたい方、あなたの言葉でテニスの魅力をもっと日本に広めませんか?

■詳しい応募内容はこちら> ご応募お待ちしています!

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu