WTAニュース

大坂なおみがベスト8進出、次戦はセレナと。そのほかナダルらベスト8出揃う

「ロジャーズ・カップ」での大坂なおみ

■「ロジャーズ・カップ」(カナダ・トロント/8月5~11日/ハードコート)


現地の8日、大会4日目。女子シングルス3回戦で第2シード大坂なおみ(日本/日清食品)が予選勝者で世界65位のイガ・シフィオンテク(ポーランド)と対戦。大坂は7-6(4)、6-4で勝利し、初の同大会ベスト8進出を決めた。

第1セット、大坂は第6ゲームで先にブレークを喫したが、直後にブレークバック。その後タイブレークの末セットを先取した。そして第2セット、今度は大坂が先にブレークに成功。直後にブレークバックされるも、ゲームカウント5-4で迎えた第10ゲームで再びブレークし、ストレート勝利を収めた。


一方、第8シードセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)は予選勝者のエカテリーナ・アレクサンドロワ(ロシア)に7-5、6-4で勝利。この結果、大坂は準々決勝でセレナと対戦することとなった。


第3シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)、第4シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)もそれぞれストレート勝利で、3回戦突破。


そのほか、第6シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)、ビアンカ・アンドレスク(カナダ)、ソフィア・ケネン(アメリカ)、予選勝者のマリー・ブーズコバ(チェコ)がベスト8入りしている。


■「ATP1000 モントリオール」(カナダ・モントリオール/8月5~11日/ハードコート)


男子シングルス3回戦、前年優勝者で第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)が世界24位ギド・ペラ(アルゼンチン)と対戦。ナダルは6-3、6-4で勝利し、2年連続の同大会ベスト8進出。同大会5度目の優勝に向け、またひとつ駒を進めた。


第2シードのドミニク・ティーム(オーストリア)は第14シードのマリン・チリッチ(クロアチア)に7-6(7)、6-4でストレート勝利。ティームは試合を通して9本のブレークポイントを握られるもすべて凌ぎ、自身初の同大会ベスト8進出を決めた。


また、第3シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)は第13シードのニコラス・バシラシビリ(ジョージア)に。第6シードのカレン・ハチャノフ(ロシア)は地元カナダ勢のフェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)にそれぞれフルセットで勝利。


そのほか、第7シードのファビオ・フォニーニ(イタリア)、第8シードのダニール・メドベージェフ(ロシア)、第10シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)、第16シードのガエル・モンフィス(フランス)がベスト8入りした。


◇   ◇   ◇


【8月8日 主な試合結果】


◆「ロジャーズ・カップ」


女子シングルス3回戦


〇[2]大坂なおみ(日本/日清食品)7-6(4)、6-4 ●[Q]イガ・シフィオンテク(ポーランド)


〇[3]カロリーナ・プリスコバ(チェコ)6-3、7-5 ●[16]アネット・コンタベイト(エストニア)


〇[4]シモナ・ハレプ(ルーマニア)6-2、6-1 ●[WC]スベトラーナ・クズネツォワ(ロシア)


〇[8]セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)7-5、6-4 ●[Q]エカテリーナ・アレクサンドロワ(ロシア)


◆「ATP1000 モントリオール」


男子シングルス3回戦


〇[1]ラファエル・ナダル(スペイン)6-3、6-4 ●ギド・ペラ(アルゼンチン)


〇[2]ドミニク・ティーム(オーストリア)7-6(7)、6-4 ●[14]マリン・チリッチ(クロアチア)


〇[3]アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)7-5、5-7、7-6(5) ●[13]ニコラス・バシラシビリ(ジョージア)


〇[6]カレン・ハチャノフ(ロシア)6(7)-7、7-5、6-3 ●フェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ロジャーズ・カップ」での大坂なおみ
(Photo by Julian Avram/Icon Sportswire via Getty Images)

【スタッフ募集】テニスデイリーでは編集ライターを募集しています。

テニスデイリーは4大大会期間に600万PV、200万UUを突破したテニス情報サイトです。
編集経験、ライター経験を活かしたい方、あなたの言葉でテニスの魅力をもっと日本に広めませんか?

■詳しい応募内容はこちら> ご応募お待ちしています!

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu