マイページ

WTAニュース

大坂なおみ 芝初戦に勝利。フェデラーも2回戦進出、ロンドンでは全試合が雨天順延に

「バーミンガム・クラシック」での大坂なおみ

6月18日、女子世界1位の大坂なおみ(日本/日清食品)や「芝の帝王」ロジャー・フェデラー(スイス)が芝コートシーズン初戦で勝利を挙げた。

■「バーミンガム・クラシック」(イギリス・バーミンガム/6月17~23日/芝コート)


大会2日目の女子シングルス1回戦、第1シード大坂なおみ(日本/日清食品)が世界33位のマリア・サカーリ(ギリシャ)と対戦。大坂は6-1、4-6、6-3で勝利し、同大会3年連続の2回戦進出を決めた。


第1セット、サカーリを圧倒しセットを先取した大坂。第2セット以降、スライスを多用し始めたサカーリに苦戦したものの、粘り強く戦いフルセットの末勝利。芝に苦手意識を持っていた大坂だが、無事に芝シーズン初戦を突破した。


大会公式サイトによると大坂は「もちろんより良いプレーを学ぶつもりですが、いまは試合に勝つことができて本当にうれしいです」と喜びを語った。


そのほか、第2シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア)は世界22位ドナ・ベキッチ(クロアチア)との1回戦に臨む予定だったが、雨の影響で翌日に順延となった。


■「ATP500 ハレ」(ドイツ・ハレ/6月17~23日/芝コート)


男子シングルス1回戦、第1シードのロジャー・フェデラー(スイス)が世界57位のジョン・ミルマン(オーストラリア)と対戦。フェデラーが7-6(1)、6-3とストレート勝利し、同大会10回目の優勝に向けて好スタートを切った。


フェデラーはこの試合、9本のサービスエースを決め、ファーストサービスが入った時のポイント獲得率は90%を記録した。


また、前年優勝者で第4シードのボルナ・チョリッチ(クロアチア)は、世界88位ジャウメ・ムナール(スペイン)に7-6(2)、6-3で勝利。同大会2年連続3度目の2回戦進出を決めた。


■「ATP500 ロンドン」(イギリス・ロンドン/6月17~23日/芝コート)


男子シングルス1回戦、第1シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)や第3シードのフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)らがそれぞれ試合に臨む予定だったが、雨のため行われず。


この日予定されていたすべての試合が順延となった。


■「マヨルカ・オープン」(スペイン・マヨルカ島/6月17~23日/芝コート)


女子シングルス1回戦、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場の世界85位マリア・シャラポワ(ロシア)が世界46位ヴィクトリア・クズモバ(スロバキア)と対戦。シャラポワが7-6(8)、6-0で勝利し、2回戦進出を決めた。


肩の怪我により2月からツアーを離れ、約4ヵ月半ぶりに実戦復帰したシャラポワ。芝コート大会での勝利は、2015年「ウィンブルドン」以来で約4年ぶりとなった。


◇   ◇   ◇


【6月18日 主な試合結果】


◆「バーミンガム・クラシック」


女子シングルス1回戦


〇[1]大坂なおみ(日本/日清食品)6-1、4-6、6-3 ●マリア・サカーリ(ギリシャ)


ユリア・プティンセバ(カザフスタン)6-1、6-4 ●[WC]ハリエット・ダート(イギリス)


〇[8]ユリア・ゲルゲス(ドイツ)3-6、6-4、6-3 ●デヤナ・イエストレムスカ(ウクライナ)


◆「ATP500 ハレ」


男子シングルス1回戦


〇[1]ロジャー・フェデラー(スイス)7-6(1)、6-3 ●ジョン・ミルマン(オーストラリア)


〇[4]ボルナ・チョリッチ(クロアチア)7-6(2)、6-3 ●ジャウメ・ムナール(スペイン)


〇[WC]ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)6-4、7-5 ●ブノワ・ペール(フランス)


◆「マヨルカ・オープン」


女子シングルス1回戦


〇[WC]マリア・シャラポワ(ロシア)7-6(8)、6-0 ●ヴィクトリア・クズモバ(スロバキア)


(テニスデイリー編集部)


※写真は「バーミンガム・クラシック」での大坂なおみ
(photo by Roger Evans/Action Plus via Getty Images)

WTAニュースの関連記事

PAGE TOP
menu