マイページ

WTAニュース

大坂なおみ 腹部故障の不安を一蹴。クレーで43本ものウィナーを記録【数字で見る試合結果】

「ムトゥア マドリード・オープン」での大坂なおみ

「ムトゥア マドリード・オープン」(スペイン・マドリード/5月4~11日/クレーコート)の大会2日目。女子シングルス1回戦で、第1シード大坂なおみ(日本/日清食品)が世界33位のドミニカ・チブルコバ(スロバキア)を6-2、7-6(6)で破り、2回戦進出を決めた。試合時間は1時間55分。

大坂は先月開催された「ポルシェ・テニス・グランプリ」では、腹部の故障のため、準決勝を試合前に棄権していた。今回の試合は、腹部に問題がないか心配されたが、それを一蹴するパワーテニスを展開。球足が遅く、ウィナーが取りにくいといわれるクレーコートでの試合ながら、2セットで43本ものウィナーを記録した。


ただセカンドサーブポイント獲得率は33%と低く、ファーストサーブが入らないときにどうポイントを積み重ねるかが次戦の注目点となる。


大坂は2回戦でサラ・ソリベス トルモ(スペイン)と対戦する予定。ソリベス トルモは、ララ・アロアバレーナ(スペイン)をフルセットで破っての勝ち上がり。


【大坂 対 チブルコバ 主なスタッツ】
◆大坂
サービスエース         8本
ダブルフォルト         3本
ファーストサーブ成功率     67%
ファーストサーブポイント獲得率 69%
セカンドサーブポイント獲得率  33%
ブレークポイント勝率      4/6
ウィナー            43本
アンフォーストエラー      30本


◆チブルコバ
サービスエース         1本
ダブルフォルト         4本
ファーストサーブ成功率     68%
ファーストサーブポイント獲得率 51%
セカンドサーブポイント獲得率  44%
ブレークポイント勝率      2/5
ウィナー            23本
アンフォーストエラー      15本


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ムトゥア マドリード・オープン」での大坂なおみ
(Photo by Julian Finney/Getty Images)

WTAニュースの関連記事

PAGE TOP
menu