WTAニュース

前年優勝バーテンズ 3回戦敗退。世界50位にストレート負け[ボルボ・カーズ・オープン]

「マイアミ・オープン」でのバーテンズ

「ボルボ・カーズ・オープン」(アメリカ・チャールストン/4月1~7日/クレーコート)の大会4日目、女子シングルス3回戦で第2シードの世界6位キキ・バーテンズ(オランダ)が第15シードの世界50位マリア・サカーリ(ギリシャ)に6(8)-7、3-6で敗れた。試合時間は1時間55分。

前年同大会優勝者のバーテンズは、キャリア通算8個のシングルスタイトルを獲得。4月1日付けの世界ランキングでは自己最高の6位を記録した。しかし、ディフェンディングチャンピオンとして臨んだ今大会、3回戦で姿を消すこととなった。


この試合バーテンズは、第1セットのゲームカウント5-4でサービング・フォー・ザ・セットを迎えたが、ラブゲームでブレークされ5-5のイーブンに。その後のタイブレークで先にセットポイントを握るも決めきれず、セットを落とした。


そして第2セット、バーテンズは1度ブレークに成功するも、相手サカーリに3度ブレークを許してストレートで敗れた。


勝利したサカーリは次戦、第5シードの世界13位カロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)と対戦する。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「マイアミ・オープン」でのバーテンズ
(Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu