WTAニュース

世界8位スティーブンス 苦戦もベスト8入り。世界39位に逆転勝利[ボルボ・カーズ・オープン]

「マイアミ・オープン」でのスティーブンス

「ボルボ・カーズ・オープン」(アメリカ・チャールストン/4月1~7日/クレーコート)、女子シングルス3回戦で第1シードスローン・スティーブンス(アメリカ)が、世界39位のアイラ・トムヤノビッチ(クロアチア)を4-6、6-4、6-4で破り、ベスト8進出を果たした。試合時間は2時間ちょうど。

両者は今回が5度目の対戦。今回、苦戦しながらも勝利を挙げトムヤノビッチに対して5勝0敗とした。


スティーブンスは、現在世界ランキング8位。直近の出場大会である「マイアミ・オープン」では、前年優勝者として大会に臨んだが、3回戦で敗れていた。


第1セット、スティーブンスは5度のブレークポイントをしのぐも、1度ブレークを許しセットを落とす。


続く第2セットでも、スティーブンスは第1・3ゲームでブレークを許し一気に追い詰められた。しかし、第4ゲームでブレークバックに成功すると、勢いに乗るスティーブンスはこのセット4度のブレークに成功し、セットを奪い返した。


勝負の第3セットでは流れは変わり、序盤お互いブレークポイントを握りあうことなくキープを重ねる。その後、第7ゲームで先にブレークを許したスティーブンスだが、直後にブレークバックに成功。そして、スティーブンスの5-4で迎えた第10ゲームでブレークを奪い、勝利を決めた。


勝利したスティーブンスは、第8シードマディソン・キーズ(アメリカ)と準々決勝で対戦する。キーズは第10シードのエレナ・オスタペンコ(ラトビア)を破っての勝ち上がり。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「マイアミ・オープン」でのスティーブンス
(Photo by Michael Reaves/Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu