WTAニュース

大坂なおみ「本当に難しかった」。初戦苦しんだ第2セットを振り返る[マイアミ・オープン]

「マイアミ・オープン」での大坂なおみ

「マイアミ・オープン」(アメリカ・マイアミ/3月19~30日/ハードコート)で初戦に勝利し、3回戦へと駒を進めた大坂なおみ(日本/日清食品)。初戦は世界141位のヤニナ・ウイックマイヤー(ベルギー)に第2セットで苦戦しながらも、6-0、6(3)-7、6-1のフルセットで勝ち上がった。

WTA(女子テニス協会)公式サイトによると、大坂は試合後に「第2セットは勝つことを考え始めてしまっていたので、気持ち的に本当に難しかったです」と振り返った。


「それで、少し急降下してしまいました。彼女(ウイックマイヤー)も本当にいいプレーをしていました。私は第2セットと第3セットの間に、呼吸をして自分を取り戻そうとしました」


世界女王となり誰からも追われる立場の大坂。それでも、今回も苦しいシーンから立ち直る力を見せた。苦しい局面では、気持ちをシャットダウンするのだという。


「とても感情的にストレスの多い状況の時、よく、そうすることで自分を取り戻そうとします」


難しい初戦ではあったが、それでもしっかり勝ち上がった大坂。次の3回戦も、第27シードシェイ・スーウェイ(台湾)というタフな相手が待っている。局面を打開する力で、次戦のプレーにも期待したい。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「マイアミ・オープン」での大坂なおみ
(Photo by Michael Reaves/Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu