マイページ

WTAニュース

【レース・トゥ・深セン】大坂なおみは2位。同世代ベンチッチや初優勝の18歳が上位に

「BNPパリバ・オープン」での大坂なおみ

シーズン最後に年間の上位8選手で競う「WTAファイナルズ・深セン」への出場権を巡る、レース・トゥ・深セン。WTA(女子テニス協会)が3月18日付けのレースランキングを公表した。

3月6日から17日に行われた「BNPパリバ・オープン」で、4回戦敗退となった大坂なおみ(日本/日清食品)。現在2,306ポイントで2位につけている。


1位はペトラ・クビトバ(チェコ)で2,520ポイント。「BNPパリバ・オープン」では、2回戦でビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)に敗れ初戦敗退した。しかし、1月の「全豪オープン」準優勝や2月の「ドバイ・デューティフリー・テニス選手権」準優勝といった結果を残しており、ポイントを積み重ねている。


そして3位は22歳のベリンダ・ベンチッチ(スイス)。「BNPパリバ・オープン」4回戦で大坂を、準々決勝で第5シードカロリーナ・プリスコバ(チェコ)を破ってベスト4進出を果たし、ポイントを積み上げた。そのプリスコバはベンチッチに続きレースランキング4位。


また「BNPパリバ・オープン」にワイルドカード(主催者推薦枠)で出場し、見事優勝を果たした18歳ビアンカ・アンドレスク(カナダ)は順位を10上げて5位に。準優勝のアンジェリック・ケルバー(ドイツ)は16位から7位に上昇した。


次大会は現地19日から、グランドスラムに次ぐツアーレベルの大会である「マイアミ・オープン」が開催される。


◇   ◇   ◇


【3月18日付レース・トゥ・深セン ランキング】
順位 名前(国籍) ポイント


1.ペトラ・クビトバ(チェコ) 2,520
2.大坂なおみ(日本/日清食品) 2,306
3.ベリンダ・ベンチッチ(スイス) 1,673
4.カロリーナ・プリスコバ(チェコ) 1,655
5.ビアンカ・アンドレスク(カナダ) 1,637
6.エリナ・スビトリーナ(ウクライナ) 1,356
7.アンジェリック・ケルバー(ドイツ) 1,280
8.キキ・バーテンズ(オランダ) 1,001
9.ダニエル・コリンズ(アメリカ) 872
10.シモナ・ハレプ(ルーマニア) 856
11.アシュリー・バーティ(オーストラリア) 855
12.アーニャ・サバレンカ(ベラルーシ) 821
13.エリース・メルテンス(ベルギー) 767
14.シェイ・スーウェイ(台湾) 711
15.ソフィア・ケネン(アメリカ) 700


(テニスデイリー編集部)


※写真は「BNPパリバ・オープン」での大坂なおみ
(Photo by Kevork Djansezian/Getty Images)

WTAニュースの関連記事

PAGE TOP
menu