WTAニュース

ケルバーが6年ぶり3度目のベスト4進出。ビーナスをストレートで破る[BNPパリバ・オープン]

「BNPパリバ・オープン」でのケルバー

「BNPパリバ・オープン」(アメリカ・インディアンウェルズ/3月6~17日/ハードコート)の大会9日目、女子シングルス準々決勝で第8シードアンジェリック・ケルバー(ドイツ)がビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)を7-6(3)、6-3で破り、ベスト4進出を果たした。試合時間は1時間36分。

両者は過去に8回対戦しており、ケルバーが5勝3敗と勝ち越していた。直近の対戦は2018年の「シドニー国際」で、そのときはケルバーが勝利しており、これで6勝3敗、対ビーナス戦2連勝とした。


第1セットの第6ゲームでビーナスにブレークを喫したケルバーは、続く第7ゲームでブレークバックに成功する。そして第9ゲームで再びブレークするも、今度は第10ゲームでビーナスにブレークバックを喫し、タイブレークに突入した。タイブレークではケルバーがいきなり3ポイントを連取してリードを広げ、7-6(3)で第1セットを先取した。


第2セットでケルバーはビーナスにブレークチャンスを与えることなく、自身は第4ゲームで3本、第6ゲームで5本のブレークポイントを握った。第4ゲームではビーナスにしのがれたが、第6ゲームでブレークに成功。そのリードを保ったまま第2セットを6-3で連取し、勝利を決めた。


勝利したケルバーは、第23シードベリンダ・ベンチッチ(スイス)と準決勝で対戦する。ベンチッチは第5シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)を破っての勝ち上がり。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「BNPパリバ・オープン」でのケルバー
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu