マイページ

WTAニュース

大坂「時々すごく『怒ってる』」とコーチのサーシャについて話す

大坂なおみ(右)とコーチのサーシャ(左)(「BNPパリバ・オープン」の時のもの)

2018年になって大きな成長を見せる大坂なおみ(日本/日清食品)が、コーチのサーシャ・バジンについて、冗談を交えながら話している動画をYONEX公式Twitterが投稿した。

サーシャは昨シーズン終了後から大坂のコーチを務めている。状況や選手の性格に合わせてど真ん中ストライクのアドバイスを送る機転は、セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)やカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)の練習相手を務める中で磨いたものだろう。試合中にネガティブな感情に陥りやすい大坂をうまく導き、常に前向きな気持ちを保たせている。

動画ではサーシャと並んで座り、"サーシャの好きなところは?"と聞かれた大坂が英語で「優しくてポジティブだし、何でも楽しくしてくれて面白いです」と答えた。

続いて、"サーシャの好きじゃないところは?"と聞かれ「待って、待って」と大坂は笑いながら手に持ったスマートフォンで何やら探し始める。そして「これ見えますか?」と怒っているキャラクターの画像をこちらに見せる。

「たまにこの画像そっくりになります。時々すごく『怒ってる(ここだけ日本語で)』になります(笑)」と大坂。それを聞いたサーシャは「赤くなるね」と返す。大坂が続けて「色が変るし、カメレオンみたい(笑)」と話すと、サーシャが「じゃあ、緑になって背景に隠れるよ(笑)」と返し、大坂は楽しそうに笑った。

2人は終始笑顔で冗談を言い合い、良い信頼関係を築いているようだ。最後は拳を突き合わせ、今後も共に戦っていこうという意思疎通が見られるような様子だった。

大坂は現在行われている「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/7月2~15日/芝コート)の2回戦でケイティ・ブルター(イギリス)をストレートで破り、2年連続3回戦進出を決めた。3回戦では第11シードアンジェリック・ケルバー(ドイツ)と対戦する。

(テニスデイリー編集部)

※写真は大坂なおみ(右)とコーチのサーシャ(左)(「BNPパリバ・オープン」の時のもの)
(Photo by Harry How/Getty Images)

WTAニュースの関連記事

PAGE TOP
menu