マイページ

WTAニュース

地元出身のスティーブンスが優勝。「全米オープン」制覇後のスランプを脱する[マイアミ・オープン]

「マイアミ・オープン」で優勝を飾ったスティーブンス

「マイアミ・オープン」(アメリカ・マイアミ/3月20日~3月31日/ハードコート)のシングルス決勝で、スローン・スティーブンス(アメリカ)はエレナ・オスタペンコ(ラトビア)を7-6(5)、6-1で下し、優勝を飾った。

スティーブンスは南フロリダで生まれ、ジュニア時代はこの大会が行われているキー・ビスケーンで練習し、住まいはほど近いフォートローダーデールにある。そんな彼女は、来年大会がマイアミ・ドルフィンズのスタジアムへ移る前に優勝したいと思っていた。

スティーブンスは何度もロングラリーを続けてディフェンスに徹し、オスタペンコからミスを引き出して勝利をもぎ取った。ウィナーの数では、オスタペンコがスティーブンスの6本に対して25本と圧倒したが、アンフォーストエラーはスティーブンスの21本に対してオスタペンコは48本だった。

昨年9月、スティーブンスは大方の予想を裏切って「全米オープン」で優勝したが、その後は2018年の最初の2試合も含めて8試合連続で負けを喫した。だがこの大会でスランプを脱し、決勝での成績を未だ負けなしの6勝0敗に伸ばした。来週は初めてトップ10入りを果たして世界ランク9位になることが決まっている。

「信じられない」とスティーブンスは言う。「以前のようにやれれば、自分は大丈夫だとわかっていた。まさかここでタイトルを取れるとは思っていなかった。自分の望むテニスを取り戻したいだけだった」。

昨年の「全仏オープン」覇者で第6シードのオスタペンコとスティーブンスは、ほぼ終始ベースラインから戦い、試合はブレーク合戦となった。2人はお互い4ゲームをブレークし合い、勝利したスティーブンスも第1セットのサービング・フォー・ザ・セットを2つ落とした。

第1セットのタイブレークで6-2とした時も、彼女はまたも決めきれず、アンフォーストエラーを重ねてセットポイントを連続で失う。だがオスタペンコは、簡単なバックハンドをネットにかけてこのセットを失うと、それ以降は疲労困憊しているように見えた。

スティーブンスは、第1セット後のコーチの激励が効いたと語った。

「私はちょっと緊張していて、それがテニスに表れていた」とスティーブンスは言う。「足が動いてなかったし、ラケットを振り切れていなかった。優勝したかったら思い切ってやるだけだと、思い出させてもらう必要があった」。

スティーブンスは最後の6ゲームを連取し、そのうち1ゲームは、この試合最高のショットでものにした。オスタペンコがドロップショットに追いついて返したが、スティーブンスはベースライン際で腕を伸ばしてフォアハンドボレーを放ち、それがクロスコートのウィナーになった。

これで5-1となり、間もなく迎えたチャンピオンシップポイントでは、オスタペンコのフォアがワイドにアウトした。スティーブンスは握った両手を振って、ホームタウンの観客の歓声に応えた。

(C)AP(テニスデイリー編集部)

※写真は「マイアミ・オープン」で優勝を飾ったスティーブンス
(AP Foto/Lynne Sladky)

WTAニュースの関連記事

PAGE TOP
menu