マイページ

TenniSwitch

テニス好きをつなげるサービス「TenniSwich」初の草トーナメントが和歌山県白浜町で開催!

和歌山県白浜町で初めて開催された団体戦の草トーナメント「エネフリpresentsHIKI OPEN TENNSI 2018 in白浜町テニスコート」の出場者(©スマッシュ)

 テニス好きをつなげるサービス「TenniSwich」初の草トーナメントとなる「エネフリpresentsHIKI OPEN TENNIS 2018 in白浜町テニスコート」が5月26、27日の2日間盛大に開催された。

180528_02.jpg

 男性2名、女性2名1チームとなり、男子ダブルス、女子ダブルス、ミックスダブルスの3本で勝負の行方を争う団体戦で、チームメイトの活躍に声援を送る姿や、勝負のかかった大事な1戦で緊張感あふれるラリーを展開するなど、チームメイトとともに過ごす時間を出場選手たちは楽しんでいた様子。

 この草トーナメントは、「テニスだけでなく、プラスアルファも楽しんでほしい」という主催者の意図のもと、初日には、当日に解禁となった鮎の塩焼きや、熊野牛といった地元のグルメを堪能できるバーベキューパーティーが。2日目朝には地元の漁船に乗って海へ繰り出すクルージング、そして瀬間友里加プロ、AKB48の佐藤朱さんによるテニスクリニック&トークショーといった、色々なイベントが満載となった。

 瀬間友里加プロは「観光スポットにも立ち寄らせていただきましたが、自然にあふれたいいところですね。食事も温泉もテニスも全て楽しめるイベントです」と、満足度の高い大会であることをアピールし、AKB48チーム8の佐藤朱さんは「とてもいい人工クレーコートで、足にもやさしいです。皆さんがチームで試合を楽しんでいるのを見ていると、私もテニスしたくなっちゃいました!」と白熱した団体戦を見学し、楽しんでいた。

 他にもジャック・スパロウの衣装でマジックを行なうジャック・マジシャン、ボヨン・ボルグのキャラで有名なお笑い芸人、バモス!わたなべが試合に参戦、トークショーなどにも参加し、大会を盛り上げた。

 テニス大会を通して町おこしにもつなげていく主旨を持つこの大会は、地元のボランティアの方々にも支えられ、今後も続いていく予定だ。


写真1:和歌山県白浜町で初めて開催された団体戦の草トーナメント「エネフリpresentsHIKI OPEN TENNIS 2018 in白浜町テニスコート」の出場者(©スマッシュ)
写真2:クリニック&トークショーに参加した瀬間友里加プロ、AKB48佐藤朱、バモス!わたなべ、ジャック・マジシャン、石井大貴大会プロデューサー(©スマッシュ)

https://tenniswitch.com/

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu