マイページ

基礎知識

テニス基礎講座~ランキングのしくみ

テニス選手の世界ランキングは、男子のATPランキング、女子のWTAランキングともに似たしくみを持っています。このページではそのランキングのしくみについて紹介します。

ATPランキング

ATP_見出し.jpg世界男子ツアーのATPランキング・システムには、「ATPランキング」「ATPレースランキング」の2つのシステムがあります。

ATPランキングとは

ATPランキングは、過去52週間に出場した試合中、獲得ポイントが多い試合上位18大会のポイントの合計で年間ランキングを決める方式で、一般的に「世界ランキング」と呼ばれるものがそれにあたります。「ATPエントリーランキング」とも呼ばれます。「ATPファイナルズ」に出場した8選手については、そこでの獲得ポイントが19番目の大会として加算されます。原則毎週月曜日に前週日曜日までのポイントを換算して発表されます。

18大会の基本内訳は、グランドスラムの4大会、「ATPマスターズ1000」のうちの8大会と、「ATP500」の成績の良い上位4大会、「ATP250」の成績のよい上位2大会(「ATPチャレンジャーツアー」、「ITF 男子ワールド・テニスツアー」を含む)となります。

ランキングが低く上記のすべての試合に出場できない選手は、ATPポイントを得られる出場大会の上位18大会からのポイント換算となります。

コミットメント・プレーヤーとは
前年の年末時点のランキングで30位以内に入った選手のことを「コミットメント・プレーヤー」と呼びます。年末時点とは、「ATPファイナルズ」の前に行われる「ATP1000パリ」終了後のランキングをさします。
コミットメント・プレーヤーになると、グランドスラムやマスターズ大会の本戦にストレートインできるようになりますが、下記の各大会への出場義務も生じます。
・グランドスラム4大会全て
・「ATPファイナルズ」(出場資格のある選手のみ)
・「ATP1000」の「ATP1000モンテカルロ」を除く8大会
・「ATP500」の4大会(そのうち1つは必ず全米オープン以降の4大会中1つを選択しなくてはならない)
・「ATP250」の2大会

上記の出場必須大会に欠場すると、通常0ポイントを加算されます。また、出場義務のある大会のポイントは、他の大会で獲得したポイントの方が高い場合であっても、必須18大会として優先して加算されます。

ATPレースランキングとは

ATPレースランキングとは、1月1日から全選手一律0ポイントより始め、シーズン終了までに出場した大会で、獲得ポイントの高かった上位18大会の合計ポイントにより年間ランキングを決めるシステムです。但し、グランドスラムと「ATP1000」に出場した場合は、成績が悪くポイントが低くても必ず採用されます。1年の後半になると、その計算システムから「ATPランキング」と「ATPレース」は、ほぼ同じになります。

11月までの累積ポイントが高い順に、上位8名が、「ATPファイナルズ」への出場権を獲得して、年間チャンピオンを争います。ランキングによる出場権争いとなるため、その開催地名をとって「レース・トゥ・○○」と呼ばれることもあります。(2019年の開催地はロンドンなので「レース・トゥ・ロンドン」)

WTAランキング

WTA_見出し.jpg世界女子ツアーのWTAランキング・システムには、「WTAランキング」「WTAレースランキング」の2つのシステムがあります。

WTAランキングとは

WTAランキングは、過去52週間に出場した試合中、獲得ポイントが多い試合上位16大会のポイントの合計で年間ランキングを決める方式で、一般的に「世界ランキング」と呼ばれるものがそれにあたります。「WTAエントリーランキング」とも呼ばれます。原則毎週月曜日に前週日曜日までのポイントを換算して発表されます。

グランドスラムの4大会、「プレミア・マンダトリー」の4大会と、「WTAファイナルズ」(出場できた選手のみ)のポイントは必ず加算されます。上位20選手は、出場した「プレミア5」のうち獲得ポイントが高い2大会分のポイントが加算されます。
WTAランキングに入るためには、少なくとも3大会でポイントを獲得するか、1大会以上で10ポイント以上を獲得する必要があります。

トップ10プレーヤーとは
前年度の年末までのランキングで上位10位以内の選手は「トップ10プレーヤー」とよばれ、ランキングに関係なく出場トーナメントでは本戦から参戦することができます。しかし下記大会への出場義務も生じます。(※1月1日の時点で30歳を越している場合は、辞退することができます。)
・「プレミア・マンダトリー」の全4大会
・「プレミア5」5大会中4大会

選手はプロモーションやスポンサー、チケットの売り上げを向上させるために、シーズン前に出場する試合を決定する必要があります。条件を果たすと年末に最低でも10万ドルのボーナスを受け取ることができ、さらに「プレミアマンダトリー」の全4大会と「プレミア5」全5大会のすべてに出場した選手は、「スーパー・ボーナス」として最低でも2万5000ドルを受け取ります。


WTAレースランキングとは

WTAレースランキングとは、1月1日から全選手一律0ポイントより始め、シーズン終了までに出場した大会で、獲得ポイントの高かった上位16大会の合計ポイントにより年間ランキングを決めるシステムです。グランドスラムと「プレミア・マンダトリー」4大会、「プレミア5」2大会のポイントは必ず採用されます。ダブルスの場合は、年間を通してポイントの高い11試合のポイントを集計します。シングルスとは違い、採用する大会に決まりはありません。

11月までの累積ポイントが高い順に、上位シングルス8名とダブルス8組が、「WTAファイナルズ」への出場権を獲得して、年間チャンピオンを争います。WTAファイナルズに出場できなかったシングルス12名とダブルス6組がWTAエリート・トロフィーに出場できます。


各トーナメントに出場できる基準のランキングは?

男女ともに、大会はランキングの高い選手から順にエントリーを受け付けます。特に男子は、出場義務のあるコミットメントプレーヤー30人が、グランドスラムや「ATP1000」はほぼ全て、また「ATP500」にも高い確率で出場するため、それらの大会には当然ランキングの低い選手は出場できない場合や予選から出場しなければならなくなります。

例えば、グランドスラムのメイン・ドローは128、そのうち予選通過者16人の枠と、コミットメントプレーヤー30人は出場者が決定しているとすると、単純計算で82人がメインドローにストレートインできることになります。これを踏まえると、グランドスラムの本戦に出場するためには、ランキング110位以内に入る必要があります。ちなみに、グランドスラムの予選ドロー数は128なので、予選も含めて240位以内に入っていないと、出場すらできないという事になります。

各大会の本戦にストレートインで出場できるかどうかのボーダーラインは、その大会のドロー数によりますが、一般的に「ATP1000」と「ATP500」は50位、「ATP250」は120位、「ATPチャレンジャー」は280位といわれています。男子選手はまず100以内を目指し、更には全ての大会の本戦にストレートインできる30位以内を目指すのです。

基礎知識の関連記事

PAGE TOP
menu