マイページ

秋山英宏コラム

メンタルヘルスの問題に目を向けさせた、大坂の勇気ある行動

写真は2021年「全仏オープン」での大坂

突然の記者会見拒否宣言に始まり、大会側による罰金処分、棄権の表明、そして、鬱状態であることの告白と、大坂なおみをめぐって大きな嵐が吹く大会序盤である。ここでは、筆者が過去に見聞きしたことや私見もまじえて事態を整理してみたい。

まず、大坂がツイッターに「選手の精神状態が無視されている。何度も同じ質問をされ、疑念を抱く質問も多い」と書いたことから、選手 vs 大会主催者+メディアの対立軸が浮かび上がった。


記者はあの手この手で選手の内面にも踏み込もうとする。実際、選手への配慮に欠ける、無神経な質問を耳にすることもないではない。また、会見は最初に英語、次に母国語で行われることもあって、似通った質問が繰り返されることもある。試合で心技体を戦わせた直後に、今度はメディアと対峙する選手の負担は決して小さくないだろう。


こうしたことからメディアが悪者と見る向きもあるようだが、メディア側にも言い分はある。試合を詳細に、あるいは正確に原稿にしようとすれば、根掘り葉掘り聞く必要も生じる。泣きはらして目を真っ赤にしている選手にもコメントを求める。会見場で選手が泣いても途中退席しても、必要と思えばその姿をありのままに書く。それがこの仕事だ。


そうやって出来上がった記事を通して、ファンはテニスに関心を持ち、選手やこの競技をより深く知ることになる。


女子ツアーを運営するWTAも、四大大会を統括する国際テニス連盟も、競技の振興にメディアは欠かせないピースであると考える。この姿勢をWTAは発足当初から打ち出してきた。だから、選手には試合後に記者会見を義務づける。また、WTAや男子のATP、さらに日本テニス協会も、メディアの大切さを若い選手に伝え、対応の仕方をレクチャーする機会を設けている。


だから、選手たちも記者会見の意味をよく理解している。ある選手は積極的に、また、ある選手は「仕事の一部」と割り切って淡々と記者会見に臨む。大坂の会見拒否について、「気持ちは分かる」と言いながら、賛同する選手が多くなかったのには、そんな背景がある。


記者会見が義務であることが一部で批判を浴びたが、これは前述のように大会側がそれだけメディアを重視するからだ。テニスの取材記者には記者会見や単独インタビューなどを除き、会場での選手への取材行為は禁止されている。選手にしてみれば、会見で10分間なり15分間だけ対応すれば、「ぶら下がり取材」や突撃レポーターのたぐいに対応する必要はないということでもある。

〈試合が終わって30分後に会見〉というルールも一部で批判を浴びたようだが、これはあくまでも原則で、大会の広報担当は必ず選手の意向を聞き、「45分後に」「1時間半後に」などと幅を持たせて開始時間を設定する。考え方次第だが、試合直後にミックスゾーンで取材対応するより楽と考える選手もいるのではないか。試合直後の興奮状態ではなく、一度、気持ちと心をクールダウンさせる猶予が与えられるからだ。


大坂のコメントを受け、質問者に選手の精神状態への考慮がない、とする批判もあったようだ。すでに書いたように、敗れた選手の傷口に塩を塗るような質問もなくはない。だが、多くの記者は選手をリスペクトし、その心情を思いやって会見場に座っている。


一方、選手の側にも、記者会見を肯定的に捉える考え方もある。土居美咲は「負けたあとに会見するのは心地よいことではないが、ただ、負けたときでも自分の気持ちを話す場があるというのが、ある意味、次に向かう切り替えにもなる」と話している。義務をこなすのは楽しいことでなく、敗戦後は気が重いこともあるはずだが、その時間をできるだけよいものにしようと、選手は自分を仕向けるのだと思う。


だが、そうした現状は現状として、大坂が「精神状態が無視されている」と書かずにいられなかった気持ちを、我々も理解しなければならない。

「私はもともと人前で話すのが得意ではなく、メディアの前で話す時は大きな不安に襲われます。とても緊張してしまい、常に最善の答えを出そうとすることにストレスを感じています」


SNSに書かれたこの言葉に驚いた。ユーモアをまじえ、饒舌に(ときには考え考え)、また、表情豊かに話す大坂の内面に、そんな葛藤があったとは少し意外だった。


シャイな性格であることは理解しているし、本人もそれを公言してきた。まだ世界の頂点に上りつめる前に一度、1対1のインタビューを行う機会があった。誠実に受け答えをするものの、表情を大きく崩すことはなく、今の表情豊かな記者会見場での姿とは遠いものだった。だが、人前に出る機会が増えるとともに、シャイな性格を抜け出したと見ていた。昨春には「シャイでいるのはもうやめた」と宣言し、その後、BLM運動への支援など社会に向けて強い言葉を発する機会も増えた。


だが、それも、“こうありたい自分”にできるだけ近づけるようにという努力のたまものだったのかもしれない。そうして鎧を着続けることは、彼女には大きなストレスだったのか。


ただでさえ、試合と練習、そして移動を繰り返すツアーの日々はストレスが多い。苦手なクレーコートの全仏の開幕を迎え、心の声が胸を突き破ってあふれ出たのではないか。


会見拒否に選手仲間からの賛同が集まらず、大きなボイコット騒ぎにならなかったのはむしろ幸いだった。ここ数日の経過は本人にはつらかったはずだが、こうして選手のメンタルヘルスの問題にスポットライトが当たるのは大坂の本意だろう。


大坂の意見を受け、四大大会の主催者は共同で声明を出し、大会運営の「意義のある改善」を目指すことを表明した。思い切った手段に打って出た大坂の問題提起には、大きな意義があった。


大坂の発言がやや唐突に映ったのは、それだけ我々がメンタルヘルスの問題を真剣に考えてこなかったからだろう。実はテニス界には燃え尽き症候群や、家族による虐待など、選手やジュニアのメンタル面の懸案事項が少なくない。それ以外でも、競技に取り組む中で、なんらかの形で選手の心は傷つけられているのかもしれない。


テニス界、スポーツ界がメンタルヘルスの問題に真剣に取り組むときがきたことを、大坂の捨て身の行動が教えてくれたのだ。


(秋山英宏)


※写真は2021年「全仏オープン」での大坂
(Photo by Tim Clayton/Corbis via Getty Images)

錦織出場!全仏オープンテニスWOWOW生中継!

過去に3度ベスト8に進出した実績があり、完全復活を狙う錦織圭の活躍に注目!

【放送予定】 6/13(日)まで連日生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら >>

秋山英宏コラムの関連記事

PAGE TOP
menu