マイページ

コラム

大坂なおみ、マレー、シャラポワ、ウイリアムズ...名選手を育てたパパ&ママ(前編)

写真は2019年「東レ パン・パシフィック・オープン」での大坂なおみと父のフランソワさん

多くのスポーツでそうであるように、テニス界でも子供の頃に親から指導されて才能を開花させた選手は多い。子供たちにテニスを教え、素晴らしいチャンピオンを育てた母と父を見てみよう。

■母から学んだ女性を尊敬する気持ち――アンディ・マレーと母


元世界ランキング1位のアンディ・マレー(イギリス)の母ジュディさんは、若い頃に短期間プロテニス選手としてプレーしたこともあったが、間もなくコーチに転向。二人の息子、アンディと兄で元ダブルス世界1位のジェイミー・マレー(イギリス)が幼い頃テニスを教えたのは彼女だった。


だが彼女は息子たちだけでなく、イギリステニス協会に所属して多くのイギリス人選手たちを指導し、2011年から2016年までは「フェドカップ」イギリスチームのキャプテンを務めた。そしてテニスの指導、テニスを広める活動における貢献によって2017年にOBE(大英帝国勲章)を授与されている。


アンディはイギリスのテニスファンの悲願だった、イギリス人選手の「ウィンブルドン」優勝を2013年に成し遂げた(イギリス人選手では77年ぶり)。それを含むグランドスラムで3回の優勝を遂げていることを見れば、ジュディさんが秀でたコーチであることは明らかだ。それと共に注目したいのは、それまで男子のトップ選手では誰もやらなかった、女性コーチをアンディが雇ったことだ。


アンディは2014年に元世界1位のアメリー・モレスモーと契約。彼女がコーチである間に2度グランドスラムの決勝に進出した。アンディはそれについて「子供の頃は母がコーチでそれ以後も女性コーチとは良い関係を築いてきた。でもプロになったら、男子選手のコーチも、サポートメンバーのほとんども男性ばかりだった」


「そしてアメリーが僕のコーチになった時、多くの人がそれに疑問を投げかけた。彼女の能力のせいではなく、性別のせいでだ。彼女のもとで僕は2度グランドスラムの決勝に進出したけれど、優勝できなかったのは彼女のせいのように言う人々がいた。男性コーチについてそんなふうに言われたことはないのに」


「女性が男性と同じぐらい優秀なコーチになれないわけがない。女性にもっとチャンスを与えるべきだ」とアンディは語る。それが彼が母親を見て学んだことなら、それこそジュディさんの最大の功績の一つと言えるのではないだろうか。


■ウイリアムズ一家に倣って娘たちをテニスチャンピオンに――大坂なおみと父


留学で来た日本で後に結婚し大坂なおみ(日本/日清食品)の母となる環さんと知り合った大坂の父レオナルド・フランソワさんは、一家が大阪で暮らしていた1999年にテレビでビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)とセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)姉妹が「全仏オープン」女子ダブルス優勝を遂げるのを見て、大坂と姉のまりをウイリアムズ姉妹のようなテニスのチャンピオンにしようと決心した。


フランソワさんにテニスの経験はほとんどなかったが、ウイリアムズ姉妹の父リチャードさんはまるっきりなかったのだ。だがリチャードさんは計画を立て、二人に強烈なサーブの打ち方、コートのどこからでも強いストロークを打つ方法を教えた。フランソワさんはインタビューで語っている。「計画は既に立てられていた。ただそれに従えば良かったんだ」


大坂姉妹はウイリアムズ姉妹と同じように昼間はテニスの練習をし、夜は自宅学習で勉強した。ジュニアの大会にあまり出場せずにプロになったのも同じだった。そして大坂はめきめきと頭角を現し、20歳だった2018年3月にグランドスラムに次ぐ規模の「BNPパリバ・オープン」で優勝。その半年後には「全米オープン」で日本人初のグランドスラム優勝を遂げ、翌年の「全豪オープン」でグランドスラム連覇を飾り、日本人初の世界ランキング1位となった。


プロとなってから、大坂は父親以外のコーチについていたが、2019年にジェンキンスコーチと袂を分かった後、しばらくまたフランソワさんが大坂のコーチとなった。当初大坂は「父は私のテニスを一番よく知っているし、私にとって最愛の人だから、それが一番の利点」と語っていたが、「東レ パン・パシフィック・オープン」「チャイナ・オープン」と2大会連続優勝を遂げた後には、「父にはすごくイライラさせられて、その怒りが勝つための原動力になっている」とジョーク交じりに話していた。


既に大人になり、テニス界でのスーパースターの一人となった娘を父親がコーチするのは難しいこともあるようで、父がコーチに戻ったのは一時的な措置だったようだ。だが大坂のSNSには時々父や母が登場し、そこにはいつも温かいユーモアが見て取れる。大坂と両親の関係はとても良好のようだ。


(テニスデイリー編集部)


※写真は2019年「東レ パン・パシフィック・オープン」での大坂なおみと父のフランソワさん


(Photo by Koji Watanabe/Getty Images)

main_image.jpg

「ウィンブルドン2020オフィシャルタオル」

幻の大会となる2020年号入りのレアなアイテムがなんと数量限定で入荷!

テニス選手にも大人気の吸水性に優れたおしゃれなチャンピオンシップタオルは、wowshopで販売中。

商品ラインナップおよび詳細はこちら>

[PR]

コラムの関連記事

PAGE TOP
menu