マイページ

コラム

【テニスの豆知識】選手の名前がついたルール「シューゾー・マツオカルール」とは。

現役時代である1996年の松岡修造さん

かつて、テニス選手の名前が付いたルールがあった。それはおなじみの松岡修造さんにちなんだ「シューゾー・マツオカルール」だ。

このルールが生まれたのは1995年にまで遡る。きっかけはその年の「全米オープン」男子シングルス1回戦で、松岡さんがペトル・コルダ(チェコ)と戦ったときだ。


この試合、松岡さんは3セット連続のタイブレークという接戦のなか、セットカウント2-1でリード。第4セットのゲームカウント5-6で迎えた第12ゲームで事件は起きた。


松岡さんがフォアハンドウィナーを放った直後、コートに倒れ込み動けなくなったのだ。原因は痙攣。当時のことを松岡さんはWOWOWの週刊テニスNAVI内で「全身痙攣になりそうだった」と話している。


しかし痙攣でのメディカル・タイム・アウトは認められておらず、審判は松岡さんに近寄ったトレーナーを「触ってはダメだ」と下がらせた。


そしてルール通り遅延行為のペナルティが課され、そのまま2分間プレーが出来ずに松岡さんは無念の棄権となった。


この試合がきっかけで、試合中の痙攣治療が認められるようになり、きっかけとなった松岡さんの名前にちなんで「シューゾー・マツオカルール」と呼ばれるようになったのだ。


しかしこのルールを悪用し、痙攣していないのにメディカル・タイム・アウトを取って休憩する選手が多数現れたため、「シューゾー・マツオカルール」は、2010年に廃止されている。


(テニスデイリー編集部)


※写真は現役時代である1996年の松岡修造さん
(Photo by Gary M.Prior/Allsport/Getty Images)

「テニス2019シーズン開幕!ブリスベン&ホップマンカップ」

錦織圭が出場を予定するATPツアーの開幕戦ブリスベンと、ロジャー・フェデラーセレナ・ウイリアムズらが出場予定の男女国別対抗戦ホップマンカップをお届け。

【放送予定】
12月29日(土)~2019年1月6日(日)連日生中継[12月29日(土)~2019年1月2日(水)無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら

コラムの関連記事

PAGE TOP
menu