マイページ

WTA(女子ツアー)

【速報】大坂なおみ 世界20位にストレート敗退で決勝進出ならず。途中でメディカルタイムアウトも[チャイナ・オープン]

「チャイナ・オープン」準々決勝での大坂

「チャイナ・オープン」(中国・北京/9月29日~10月7日/ハードコート)の大会8日目、女子シングルス準決勝で第8シードの大坂なおみ(日本/日清食品)が世界ランキング20位のアナスタシア・セバストワ(ラトビア)と対戦。4-6、4-6でセバストワにストレートで敗れ、決勝進出はならなかった。試合時間は1時間31分。

勝利したセバストワは、この後に行われる第2シードのカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)とワン・チャン(中国)の勝者と決勝で対戦する。

第2セットも大坂のサービスから。第1ゲームをキープした大坂は第2ゲームで30-40とブレークポイントを握る。しかし大坂のアンフォーストエラーが続き、チャンスを活かすことができずにキープされてしまう。

そして第5ゲームでセバストワにデュースに持ち込まれた大坂は、続けてショットがアウトとなってしまい、ブレークを喫してしまう。さらに続く第6ゲームではセバストワにラブゲームでキープされ、反撃のチャンスをつかむことができずにゲームカウント2-4とされた。

第7ゲームでも15-40と2本のブレークポイントを握られた大坂だが、ここをなんとかキープする。そしてこのゲーム終了後にトレーナーを呼んでメディカルタイムアウトを取り、腰の辺りにマッサージを受けていた。

治療後の第8ゲームで大坂はアグレッシブなプレーを見せてデュースの末にブレークバックを果たす。大坂はこの試合初となるブレークに成功し、ゲームカウント4-4のイーブンに戻した。

しかし直後の第9ゲームでセバストワに再びブレークを許し、ゲームカウント4-5とされる。そしてセバストワのサービング・フォー・ザ・マッチとなった第10ゲームでチャンスを作れず落とし、準決勝敗退となった。

大坂は昨日の準々決勝のように試合中に落ち込むような様子は見られなかったが、サービスエースが3本だけと得意のサーブが決まらなかった。さらにアンフォーストエラーが42本と非常に多かった。途中でトレーナーを呼んでマッサージを受けた腰の具合も気になるところだ。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「チャイナ・オープン」準々決勝での大坂
(Photo by Di Yin/Getty Images)

日本人まとめページバナー.jpg

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu