マイページ

WTA(女子ツアー)

【速報】大坂なおみ、1回戦第1セットを接戦の末に落とす[ノッティンガム・オープン]

2017年の「ノッティンガム・オープン」での大坂

「ノッティンガム・オープン」(イギリス・ノッティンガム/6月11~17日/芝コート)の大会初日、女子シングルス1回戦で第3シードの大坂なおみ(日本/日清食品)がサーシャ・ヴィッカリー(アメリカ)と対戦。第1セットは3-6でヴィッカリーに奪われてしまった。

大坂とヴィッカリーの過去の対戦は、3月の「BNPパリバ・オープン」での1回のみ。その時には大坂が勝利している。大坂は「全仏オープン」では自身の武器であるサービスが決まらずに苦戦していたが、それについてコーチと相談すると語っていた。大坂のサービスがどう向上したのか、そして芝シーズンの初戦を突破できるのか、注目が集まる。

第1セットはヴィッカリーのサービスからスタート。第2ゲームで大坂は0-40とピンチを迎える。1本はしのいだものの、ブレークを喫して1ブレークダウンと序盤から追いかける展開となった。

第3ゲームでチャンスを作ることができなかった大坂だが、第5ゲームではデュースの末に粘ってブレークバックを果たすと、第6ゲームをキープしてゲームカウント3-3とした。

大坂は第7ゲームでもデュースに持ち込んで粘ったが、ここはヴィッカリーにキープされ、リードすることができない。それどころか、第8ゲームで再びヴィッカリーにブレークを許し、再び1ブレークダウンとされた。

第9ゲームでヴィッカリーに30-40とセットポイントを握られたが、ここをしのいだ大坂はデュースに持ち込んだ。デュースで大坂も粘ったが、最後は粘るヴィッカリーにキープされ、第1セットは3-6で落としてしまった。

試合は先に2セットを先取した方が勝利の3セットマッチ。現在第2セットに進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は2017年の「ノッティンガム・オープン」での大坂
(Photo by Hongbo Chen/Action Plus via Getty Images)

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu