マイページ

WTA(女子ツアー)

【速報】大坂なおみ 世界女王ハレプに初勝利。ストレート圧勝で決勝進出[BNPパリバ・オープン]

ストレートで勝利し、決勝進出を決めた大坂なおみ(準々決勝のときのもの)

「BNPパリバ・オープン」(アメリカ・インディアンウェルズ/3月7~18日/ハードコート)の準決勝で、大坂なおみ(日本/日清食品)とシモナ・ハレプ(ルーマニア)が対戦。第1セットを6-3で先取した大坂は第2セットを6-0で取り、女王ハレプ相手に圧巻のストレート勝利を飾った。試合時間は1時間3分。

第1セットを取った大坂の勢いはまだ止まらない。第2セット第1ゲームを難なくブレークすることに成功する。第2ゲームもデュースまでもつれるが落ち着いてキープし、第2セットも大坂が先行する形で始まった。

ハレプは焦りからかプレーが荒くなってきているように見えた。ハレプのショットがことごとくネットを越えることができず、第3ゲームも0-40と大坂が大きくリード。ハレプも粘るが、ここも大坂がブレークに成功し、さらにリードを広げる形になった。

第4ゲーム、ハレプに0-30とリードされるも、大坂はここも落ち着いてプレーを進める。一方のハレプはなかなかショットを決めらない。結局大坂が追い上げてキープし、ゲームカウント4-0と大きくハレプを突き放す。

そして第5ゲームでも大坂は攻撃の手を緩めず、30-40とブレークのチャンスをつかむ。粘りたいハレプだが、今日はショットの精度が悪く、リターンがサイドをわずかに割ってしまい、大坂が再びブレークする。

迎えた第6ゲーム、大坂のサービング・フォー・ザ・マッチ。大坂はここで決めてしまいたいが、そうはさせまいとするハレプに30-40とリードされる。しかし、大坂はデュースまで持ち込む。ハレプも粘りに粘るが、あと1本が出ずにブレークすることができない。そして3度目のマッチポイントを握った大坂。最後はハレプのショットがまたしてもネットを越えることができず、ゲームカウント6-0のストレートで勝利した。

決勝ではビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)を4-6、6-4、7-5で破ったダリア・カサキナ(ロシア)と対戦する。

(テニスデイリー編集部)

※写真はストレートで勝利し、決勝進出を決めた大坂なおみ(準々決勝のときのもの)
(Photo by Harry How/Getty Images)

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu
春のテニスデイリープレゼントキャンペーン2018