マイページ

WTA(女子ツアー)

ケルバーが準決勝に進出し、ジョルジがラドバンスカを下す[シドニー国際]

現在好調のケルバー

元世界ランク1位のアンジェリック・ケルバー(ドイツ)は今シーズンの好調なスタートを維持し、「シドニー国際」の木曜日の試合でドミニカ・チブルコバ(スロバキア)を6-3、6-1で退けて準決勝へ駒を進めた。

昨年は世界ランク1位でスタートしながら年末には22位で終了したケルバーだが、2018年は先週の「ホップマンカップ」シングルスの4連勝も含めて7連勝を達成した。

「このスタートはたしかに悪くない」とケルバーはいう。

ケルバーは準決勝でカミラ・ジョルジ(イタリア)と対戦する。ジョルジは前年覇者のアグネツカ・ラドバンスカ(ポーランド)を6-1、6-2で下した。

アシュリー・バーティ(オーストラリア)もバーボラ・ストリコバ(チェコ)を6-3、6-2で倒して勝ち上がった。

バーティは次は同じオーストラリアのダリア・ガブリロワ(オーストラリア)と対戦する。ガブリロワは「ウィンブルドン」覇者のスペインのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)が右腿を痛めて準々決勝を棄権したことから不戦勝となった。

男子の準々決勝では第4シードのファビオ・フォニーニ(イタリア)が第5シードのアドリアン・マナリノ(フランス)を6-7(4)、7-6(4)、6-2で、ダニール・メドベージェフ(ロシア)がパオロ・ロレンツィ(イタリア)を6-3、6-3で、ブノワ・ペール(フランス)が第2シードのジル・ミュラー(ルクセンブルク)を6-4、6-4で下した。

(C)AP(テニスデイリー編集部)

※写真は現在好調のケルバー
(AP Photo/Rick Rycroft)

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu