マイページ

海外ニュース

フェデラー、サウジアラビアで開催されるエキシビションマッチの招待は断ったと語る

「ATP1000 パリ」に出場するフェデラー

「ATP1000 パリ」(フランス・パリ/10月29日~11月4日/室内ハードコート)に出場する世界ランキング3位のロジャー・フェデラー(スイス)。12月にサウジアラビアで行われるエキシビションマッチ「キング・サルマン・テニス・チャンピオンシップ」の招待を断ったと話した。

フェデラーは、以前に招待されたことがあったのかとパリで問われ「ああ、僕のところにも問い合わせはあった」と答えた。そして「あの時期にあそこでプレーしたくなかったんだ」とフェデラーは語った。「だから、僕は迷わず即断した」

この大会には、世界1位のラファエル・ナダル(スペイン)、世界2位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が出場を予定している。しかし国際人権NGOである、アムネスティ・インターナショナルはナダルとジョコビッチに、プレーしないよう要請している。

このことについてナダルは「もちろん、状況はわかっている。だけど、あそこでプレーすることは、1年前からの約束だった。僕のチームが彼らと話をして、状況を分析しているところだ。そういうことだ」と自身の立場について問われて答えた。

続けて「一人のジャーナリストが命を落としたのは、ひどいことだ。あの中でなんらかの非常に悪いことが起きたのは僕も知っている。だから僕らは状況の推移を見守っているし、できるだけ早く状況がはっきりしてくれればと思っている」と語る。

一方のジョコビッチも、プレーすることはずっと前に決めていたと明らかにした。

ジョコビッチは「1年にわたって約束してきたことだ。実際、この対戦については去年話し合っていた」と話し「参加することは、プロのテニス選手としての僕の決断だった。もちろん、今何が起きているのかわかっているし、もちろん悲しいことだ」と語る。

また「僕のチームは現在、サウジアラビアの人達やラファのチームの人達と連絡を取り合っていて、もちろん状況をより良く理解するために話をしている」「今のところ、まだ十分な情報を手に入れていないのは明らかだから、もう少し調べてから、早いうちに決断を下すことになるだろう」と話した。

そして「行くのがいいことなのか悪いことなのか、理性的な判断を下すためには、何が起きているのかについてもっと情報を手に入れる必要がある」とジョコビッチは付け加えた。

(C)AP(テニスデイリー編集部)

※写真は「ATP1000 パリ」に出場するフェデラー
(Photo by Justin Setterfield/Getty Images)

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu