マイページ

海外ニュース

バジンコーチ、大坂へお茶目な投稿。「抹茶アイス食べてどれほど美味しかったか説明しよう」

「BNPパリバ・オープン」での大坂(右)とバジンコーチ(左)

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月27日~9月9日/ハードコート)女子シングルスで日本人史上初のグランドスラムシングルス優勝を果たした大坂なおみ(日本/日清食品)。大坂が今一番食べたいと話していた「抹茶アイスクリーム」を交えたコメントをコーチのサーシャ・バジンが自身のTwitterに投稿し、コート上だけではない二人の良い関係性が垣間見えた。

大坂は優勝後WOWOWのスタジオでインタビューに応じ、そこで今一番したいことを聞かれ「抹茶アイスクリーム食べたい」と即答。「全米オープン」の2週間は我慢していたそうで、記者会見でも「望むもの何でも食べられるなら、とんかつ、かつ丼、かつカレー、あと抹茶アイスクリーム」と話していた。

そんな大坂の発言があった後の、バジンコーチの投稿。「東京に向けて離陸した飛行機の中...さあ行くぞ!!!!日本へ戻ることにワクワクしている」と近況を伝える内容とともに「抹茶アイスクリームを食べて、なおみにそれがどれほど美味しかったか事細かに説明しよう」とイタズラっぽく投稿。Twitterの内容からも大坂とバジンコーチの関係性が読み取れるようだ。

二人は以前にも良い関係性を感じられるやり取りをしていた。大坂は4月に、バジンコーチとのミニテニスで負けた罰ゲームとして、渋谷のスクランブル交差点でダンス。その動画を自身のSNSで投稿した。一方バジンコーチはそれに対してTwitterで「次はどんな罰ゲームにしようかな?」とコメントしていた。

昨シーズン終了後からコーチを務めるバジンコーチと、「全米オープン」で大きな結果を残した大坂。今後も二人三脚で勝利を掴んでゆくことに期待したい。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「BNPパリバ・オープン」での大坂(右)とバジンコーチ(左)
(Photo by Jeff Gross/Getty Images)

日本人まとめページバナー.jpg

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu