マイページ

海外ニュース

【速報】錦織圭、復帰2大会目で早くも優勝!158位にストレートで勝利 [ATPチャレンジャーダラス/決勝]

写真は2017年全豪オープンでの錦織圭

錦織圭(日本/日清食品)が、約5ヶ月ぶりに右手首故障から復帰。2大会目となる[ATPチャレンジャーダラス]では、苦戦しながらも決勝進出を果たし、世界ランキング158位マッケンジー・マクドナルド(アメリカ)と対戦。錦織は第1セットを6-1で先取し、続く第2セットも6-4で連取。ここ数ゲームで最も良いパフォーマンスを見せて、ストレートで早くも復帰後初優勝を飾った。

右手首ケガによる長期離脱から約5ヶ月。先週、待望の復帰を果たし、迎えた復帰2大会目「ATPチャレンジャーダラス」。錦織は1回戦でデニス・ノビコフ(アメリカ)にストレート勝ち(6-3、6-3)。2回戦でマティアス・バッキンガー(ドイツ)にフルセット勝利(4-6、6-4、6-4)。準々決勝はドミニク・コプファー(ドイツ)を7-6(3),6-3で下し、昨日の準決勝は世界ランク234位ジャン・ジェイソン(台湾)をサーブで崩してファイナル進出を決めた。

決勝戦の相手は、世界ランキング158位マッケンジー・マクドナルド。マクドナルドは、先日の全豪オープン2回戦で世界ランク4位のグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)に4-6、6-2、6-4、0-6、8-6と健闘した選手。錦織は成長著しい22歳の若き才能と、復帰後初優勝をかけて対戦することになった。

第1セットは錦織のサーブでスタート。錦織は第4ゲームで、マクドナルドのサービスゲームをブレークすると、安定したストロークで相手を圧倒。一気に5ゲーム連取で、第1セットを6-1と先取した。

迎えた第2セット、第1ゲームはマクドナルドのサービスゲーム。錦織はフォアハンドのスライスでうまくポイントを取るなど好調なところを見せたが、相手がキープ。

第2ゲームで錦織は、相手の強烈なフォアで粘られるが、サーブをしっかり入れて、最後はネットプレーでプレッシャーをかけて相手のミスを誘ってキープに成功する。

その後は、お互いキープする展開が続く。流れが変わったのは第5ゲーム、錦織がキレのあるストロークを発揮してブレークを記録。続く第6ゲームをキープして優位に立った。

直後の第7ゲームはマクドナルドが維持を見せて、最後はサービスエースでラブゲームのキープ。それでも試合の流れを掴んだ錦織は、続く第8ゲームをキープ。第9ゲームではラリーで優位に立ち、一度マッチポイントを掴むが、相手にキープを許す。

そして迎えた第10ゲームは自身のサービスゲーム。最後はラリーから相手のショットがアウトとなり、キープで6-4として第2セットも連取。復帰後2大会目で、早くも初優勝を決めた。

(テニスデイリー編集部)

※写真は2017年全豪オープンでの錦織圭
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu