マイページ

【速報】錦織が第3セットを落とし、後が無くなる。ジョコビッチとの準々決勝[ウィンブルドン]

現在対戦中の錦織圭

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/7月2~15日/芝コート)の大会9日目、男子シングルス準々決勝で第24シードの錦織圭(日本/日清食品)が元世界1位で第12シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦。お互いに1セットずつ取って迎えた第3セットは2-6でジョコビッチに奪われ、錦織は後が無くなってしまった。

第3セットはジョコビッチのサービスから。序盤はお互いにキープが続いたが、第4ゲームで錦織はデュースの末にブレークポイントを握られてしまう。錦織はこの場面で勇気を持って前に出てしのぐと、落ち着いてこのゲームをキープした。

続く第5ゲームで錦織は0-40と大きなチャンスを迎えた。しかし、この3本のブレークポイントをジョコビッチにことごとくしのがれてしまい、デュースとなる。そしてここはジョコビッチにキープされ、ブレークすることができなかった。

そして第6ゲームでジョコビッチにブレークされた錦織は、第7ゲームをラブゲームでキープされてしまい、ゲームカウント2-5とされた。さらに第8ゲームでも15-40とポイントでリードされると、強烈なリターンを返しきれず、2-6で第3セットを落としてしまった。

試合は先に3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。現在第4セットに進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は現在対戦中の錦織圭
(Photo by Clive Mason/Getty Images)

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu