マイページ

大坂の全米優勝を支えたバジンコーチ。「一緒にこの経験をさせてくれてありがとう」[全米オープン]

「BNPパリバ・オープン」での大坂なおみ(右)とバジンコーチ(左)

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月27日~9月9日/ハードコート)女子シングルスで優勝を果たした大坂なおみ(日本/日清食品)。

大坂の躍進の裏には、昨シーズン終了後からコーチを務めるサーシャ・バジンの大きな存在がある。

バジンコーチはこれまで大坂の決勝の相手、セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)や世界2位のカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)らのヒッティングパートナーを務めてきた人物。

「もともと私はネガティブ思考な傾向があるのですが」と話す大坂に、バジンコーチはグランドスラム以外の試合中にコーチングができる試合では「大丈夫、君ならできる」と励まし続けるなど、メンタル面でも大きな支えとなっている。

そんなバジンコーチは大坂の優勝後のインタビューで、記者の「一つだけ言いたいことがあるとしたら何か」という質問に対し「一緒にこの経験をさせてくれてありがとう」と話した。

一方、バジンコーチについて彼との関係や、どうして彼を選んだのかとインタビューで聞かれた大坂は「彼と一緒にトレーニングすることにしたのは、練習を始めて5分と経たない内に、彼が足首をくじいたからです。この人だ。彼はすごいコーチになるって思ったんです」と冗談交じりに笑いながら話す。

続けて「でも、誰でも彼に会ったらすごくいい人だってわかりますし、彼はとてもポジティブで陽気なんです。私にとってはとても重要なことだと思いました。私は自分に対してとても厳しくなりがちなので。それが彼を選んだ大きな理由の一つです」と語った。

決勝では完全アウェーのプレッシャーのなか戦い抜き、プレーのみならずメンタルの面でも大きな成長を見せてくれた大坂。バジンコーチとの二人三脚で、今後さらなる躍進に期待だ。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「BNPパリバ・オープン」での大坂なおみ(右)とバジンコーチ(左)
(Photo by Harry How/Getty Images)

日本人まとめページバナー.jpg

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu