マイページ

大坂のメンタル面の成長と、セレナとの違い。コーチは「セレナのクローンを育てる訳ではない」と語る[全米オープン]

準決勝で大坂の勝利を喜ぶバジンコーチ(左から2番目)

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月27日~9月9日/ハードコート)で、日本人女子史上初のシングルス決勝進出を決めた大坂なおみ(日本/日清食品)。昨シーズン終了後からコーチはサーシャ・バジンが担い、試合後のオンコートインタビューでも「サーシャ、ありがとう!」と何度も感謝を伝えてきた。バジンコーチはグランドスラム以外の試合中にコーチングができる試合では「大丈夫」と声をかけ、大坂のメンタル面でも大きく支えになっている。

大坂は以前「もともと私はネガティブ思考な傾向があるのですが、サーシャと一緒になってから少し楽観的になったような気がします。毎日私が楽しくいられるよう気を使ってくれます」と話していた。さらに、「私は自分自身と戦ってしまうので、そういう意味で彼はペースメーカーになってくれています」という。

実際、今回の「全米オープン」4回戦では第2セットでアーニャ・サバレンカ(ベラルーシ)に追い込まれながらも第3セットで不安視されていたメンタルを立て直し競り勝った。「全米オープン」公式サイトによるとバジンコーチは公式インタビューで、「彼女はコート上で一番成長したのだと思います。その象徴はサバレンカとの試合です。3本のマッチポイントを握りましたが、サバレンカに追いつかれた。最終的にマッチポイントを獲得。サバレンカにプレッシャーをかけることでゲームを勝ち取りました」と話した。

そして、ランキングが大坂よりも上にいるマディソン・キーズ(アメリカ)に勝利し、憧れのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)との決勝の舞台に立つ。

セレナと大坂のふたりについて、「ふたりは本当に違うタイプだと思います。なおみは同じようプレーにしたいとは思っているかもしれません。どちらもパワフルで、サーブも大きく、打力も強い。でもコートでは、非常に攻撃的なセレナに対して、なおみは私が背中を押してあげないとガッツポーズも出ない。気持ちの持ち方が違うんですね。コートの外でも同じで、なおみはやはり少し内気でシャイです」と、プレースタイルは似ている部分があるが、やはりメンタル面の違いを分析する。

バジンコーチは、大坂のコーチをする以前は、セレナとビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)の姉妹や、カロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)、ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)らトップ選手のヒッティングパートナーとして活動してきた。彼女たちのプレースタイルを知っているからこそ、バジンコーチは「セレナのクローンを育てようとしている訳ではない」ともいう。

コーチとして赴任する前から大坂のことは知っていたそうで、「一緒に仕事を始める前からビッグヒッターでした。この力を持ち合わせていたのです。私が彼女に与えた力ではありません」と話す。「テニスの仕方は十分に知っていたけれど、試合中にコントロールする方法を知らなかったのでしょう。いつトリガーを引くべきかを分からなかったでしょうし、きっとボールのペースを乱すだけで、相手にプレッシャーをかける方法もあることを知らなかった。だから私は彼女の生の力を維持させるような努力をし、それと同時に、プレッシャーを作り出す他の方法もあることを示しました。そういう意味でも、セレナとなおみは本当に違うタイプです」。

大坂が勝ち進むにつれ、かつてないほどの周りからの期待のプレッシャーについては、「私が本当に嬉しく感じたのは、彼女がプレッシャーを感じずに、切り離せたといってくれたことです。彼女は自分自身に強い期待を持つ完璧主義者なので」と笑う。さらに「皆さんが試合となおみを理解するのを手助けできて嬉しく思います。またなおみには、プレッシャーが良い事であると何度も伝えています。外の人々が彼女に期待しているということは、彼女のしていることが正しい証です。期待を持たれないと、人は名も無き人になってしまいます。それを何らかの良い方法で使うべきだと彼女に伝えることができてとても嬉しいです」と続けた。

大坂は「BNPパリバ・オープン」でツアー初優勝を飾り、ランキングを大きく伸ばしてきた。そして今回の「全米オープン」決勝進出と、今季の活躍は目を見張るほどだ。しかしバジンコーチによれば、「必ずしも今彼女がキャリアで最高のテニスをしているとは思えません。今は前よりもスマートなプレーだとは思います」。続けて「小さな、彼女の成長を見ることが本当に楽しいです。ひとつのことを試し、それが上手くいかなければまた次へ、そしてそれが成功していく。そんな彼女を本当に誇らしく思います」と語る。

「ネガティブな感情に振り回されない方法を見つけているんだと私は思います。もっと上手くなりたいから、という気持ちでいるんだと思います」と、バジンコーチも大坂のメンタル面の成長を喜ぶ。日本時間9日午前5時開始予定の決勝では大坂がアイドルというセレナにも負けないメンタル面と戦術で好ゲームになることを期待したい。

(テニスデイリー編集部)

※写真は準決勝で大坂の勝利を喜ぶバジンコーチ(左から2番目)
(Photo by Jean Catuffe/Getty Images)

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu