マイページ

【速報】奈良1回戦敗退。第2セットから調子を上げて接戦になるも逆転ならず[全米オープン]

「イーストボーン国際」での奈良くるみ

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月27日~9月9日/ハードコート)の大会初日、女子シングルス1回戦で奈良くるみ(日本/安藤証券)が第15シードエリース・メルテンス(ベルギー)と対戦。2-6、7-6(5)、5-7でメルテンスに敗れ、奈良は1回戦敗退となった。試合時間は2時間42分。

勝利したメルテンスは、2回戦でベラ・ラプコ(ベラルーシ)と対戦する。ラプコはカテリーナ・ボンダレンコ(ウクライナ)を破っての勝ち上がり。

第3セットはメルテンスのサービスから。奈良は第2ゲームでデュースの末にブレークされるも、続く第3ゲームでブレークバックしてリードを許さない。

奈良は第4ゲームでブレークポイントを握られるが、粘ってしのぎ、ゲームカウント2-2とすると、第5ゲームでもブレークし、1ブレークアップとした。

ここでメルテンスがメディカルタイムアウトを取り、右肩から首にかけてのマッサージを受ける。時折痛みで顔をゆがめていたが、棄権はせずに試合は続行された。

第6、第7ゲームとお互いにキープし、続く第8ゲームで奈良は30-40とピンチを迎えると、ここをしのぎきることができずにブレークバックされ、ゲームカウント4-4のイーブンとされた。

さらにゲームカウント4-5で迎えた第10ゲームでメルテンスにデュースまで追い上げられた奈良だったが、落ち着いてここをキープし、次へ繋いだ。そして第11ゲームでデュースの末にブレークポイントを握ったが、このチャンスを活かせず、ゲームカウント5-6へ。

そして第12ゲームで15-40と2本のマッチポイントを握られた奈良は、ラリーの末にショットがロングとなって第3セットを5-7で落とし、1回戦敗退となった。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「イーストボーン国際」での奈良くるみ
(photo by Hongbo Chen/Action Plus via Getty Images)

日本人まとめページバナー.jpg

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu