マイページ

全仏オープン

【速報】ティームがチェッキナートを下して自身初のGS決勝へ[全仏オープン]

決勝進出を果たしたティーム

「全仏オープン」(フランス・パリ/5月27日~6月10日/クレーコート)の大会13日目、男子シングルス準決勝で第7シードのドミニク・ティーム(オーストリア)がマルコ・チェッキナート(イタリア)と対戦。第3セットもティームが6-1で連取し、7-5、7-6(10)、6-1のストレートで勝利。自身初となるグランドスラムの決勝へと駒を進めた。試合時間は2時間17分。

勝利したティームは、この後に行われる、ラファエル・ナダル(スペイン)とフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)の勝者と決勝で対戦する。

勝利まであと1セットと迫ったティームは、第3セットの第1ゲームを危なげなくキープすると、第2ゲームでブレークを果たし、第3ゲームもキープして序盤3ゲームを連取した。

チェッキナートは心が折れてしまったのか、精彩を欠いた場面が増え、ティームが第4ゲームも続けてブレークして第5ゲームもキープ、5ゲームを連取して決勝進出まであと1ゲームとした。

第6ゲームはチェッキナートにキープされたが、サービング・フォー・ザ・マッチとした第7ゲームでティームは15-40とブレークポイントを握られてしまった。ティームはここから2本のブレークポイントをしのいでデュースに持ち込むと、ポイントを連取してここをキープ。6-1で第3セットも取り、ストレートで決勝進出を決めた。

(テニスデイリー編集部)

※写真は決勝進出を果たしたティーム
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu