マイページ

ATP(男子ツアー)

錦織 決勝T進出には第3戦で1セット取得が最低条件に[Nitto ATPファイナルズ]

「Nitto ATPファイナルズ」第2戦での錦織

錦織圭(日本/日清食品)が出場中の男子ツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」(イギリス・ロンドン/11月11~18日/室内ハードコート)のグループステージ「レイトン・ヒューイット」は、第2戦までが終了。錦織が決勝トーナメントへ進出するには、第3戦となるドミニク・ティーム(オーストリア)戦で1セット以上取得することがほぼ最低条件となった。

グループステージ「レイトン・ヒューイット」では現在錦織が1勝1敗、ケビン・アンダーソン(南アフリカ)が2勝0敗、ロジャー・フェデラー(スイス)が1勝1敗、ティームが0勝2敗となっている。

決勝トーナメント進出者を決める項目は、勝利試合数、出場試合数、セット取得率、ゲーム取得率、直接対決の結果などがあるが、ATP(男子プロテニス協会)公式Twitterが発表している錦織の決勝トーナメントへ進出するわかりやすいパターンは以下の2つ。

1.錦織がティームに勝利し、アンダーソンがフェデラーから1セット以上取得
2.錦織が1セット取得しつつティームに敗れるも、アンダーソンがフェデラーに勝利

他にゲーム取得率による突破のパターンはあるも、錦織が第2戦でアンダーソンに0‐6、1‐6と大差で敗れたため厳しく、上記のパターンでの突破が現実的だ。つまり、錦織は少なくとも1セット取得する必要がある。

第3戦では先に日本時間15日23時以降に錦織対ティームが行われ、16日5時以降にフェデラー対アンダーソンが行われる予定。

まずは錦織が目の前のティーム戦で勝利することに期待したい。

(テニスデイリー編集部)


※写真は「Nitto ATPファイナルズ」第2戦での錦織
(Photo by Fred Lee/Getty Images)

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu