マイページ

ATP(男子ツアー)

【11/7試合結果】世界15位チチパス、31位デミノー準決勝進出決定。前年準優勝ルブレフは1勝1敗に[Next Gen ATP ファイナルズ]

「Next Gen ATP ファイナルズ」でのチチパス

11月7日、「Next Gen ATP ファイナルズ」(イタリア・ミラノ/11月6~10日/室内ハードコート)大会2日目。「グループA」「グループB」の2つに分かれて総当たりで戦う、グループステージ第2戦が行われた。

2017年に初めて開催された同大会。今後テニス界を背負うとされる、21歳以下の年間獲得ポイント上位7名とワイルドカード(主催者推薦枠)1名の計8名が出場。男子ツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」と同様に4人ずつのグループに分かれ総当たりで戦い、上位2人ずつが決勝トーナメントに進むというルール。また、試合は4ゲーム先取(3-3の時はタイブレーク)の5セットマッチで、ノーアドバンテージで行われる。

「グループA」第2戦では、世界15位のステファノス・チチパス(ギリシャ)が世界40位のフランシス・ティアフォー(アメリカ)に4-3(3)、4-3(5)、4-2とストレート勝利。この結果、第2戦が終了した時点でチチパスの準決勝進出が決まった。

ATP公式サイトによると、チチパスは試合を振り返り「僕は少しもパフォーマンスを落とさず、ほぼ100%の状態だった。だから冷静に、そしてすべてのポイントをマッチポイントのようにプレーできて満足している」と語った。

世界85位のホベルト・ホルカシュ(ポーランド)は世界76位のジャウメ・ムナール(スペイン)に4-2、4-2、2-4、3(5)-4、4-1とフルセットの末勝利。

「グループB」第2戦では、世界31位のアレックス・デミノー(オーストラリア)が世界68位のアンドレイ・ルブレフ(ロシア)に4-1、3(5)-4、4-1、4-2で勝利。勝利したデミノーはチチパスに続き準決勝進出が決まった。

デミノーは試合後「本当にタフな試合になることが分かっていた。彼(ルブレフ)のフォアハンドは最も危険な武器のひとつなので、いいテニスをして浅いショットを打たないようにしなければならなかった」「僕はこの勝利に満足している。本当に上手く作戦を実行して、サービスも上手くできたと思う」と喜びを語った。

世界47位のテイラー・フリッツ(アメリカ)はワイルドカードで出場し世界622位のLiam Caruana(イタリア)に1-4、4-1、4-3(9)、4-2と逆転で勝利した。

■「グループA」第2戦までの戦績

[1]ステファノス・チチパス(ギリシャ) 2勝0敗
[3]フランシス・ティアフォー(アメリカ) 1勝1敗
[6]ホベルト・ホルカシュ(ポーランド) 1勝1敗
[7]ジャウメ・ムナール(スペイン) 0勝2敗

■「グループB」第2戦までの戦績

[2]アレックス・デミノー(オーストラリア) 2勝0敗
[4]テイラー・フリッツ(アメリカ) 1勝1敗
[5]アンドレイ・ルブレフ(ロシア) 1勝1敗
[8/WC]Liam Caruana(イタリア) 0勝2敗

◇   ◇   ◇

【11月7日 試合結果】

◆男子シングルス グループステージ「グループA」 第2戦

〇[1]ステファノス・チチパス(ギリシャ)4-3(3)、4-3(5)、4-2 ●[3]フランシス・ティアフォー(アメリカ)

〇[6]ホベルト・ホルカシュ(ポーランド)4-2、4-2、2-4、3(5)-4、4-1 ●[7]ジャウメ・ムナール(スペイン)

◆男子シングルス グループステージ「グループB」 第2戦

〇[2]アレックス・デミノー(オーストラリア)4-1、3(5)-4、4-1、4-2 ●[5]アンドレイ・ルブレフ(ロシア)

〇[4]テイラー・フリッツ(アメリカ)1-4、4-1、4-3(9)、4-2 ●[8/WC]Liam Caruana(イタリア)

(テニスデイリー編集部)

※写真は「Next Gen ATP ファイナルズ」でのチチパス
(Photo by Julian Finney/Getty Images)

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu